2005年07月20日
7月20日に行われた「K-1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント開幕戦〜完全版」が、早くも来月ch363「TBSチャンネル」に登場!

準々決勝「魔裟斗vsマイク・ザンビディス」の一戦は、ザンビディスのボディブローに苦しめられながらも、3Rに右ストレートでダウンを奪い、魔裟斗が判定勝ち。しかし、この試合で左足首腓骨を複雑骨折…。無念のドクターストップ…。いい動きしてたのに…。とても残念です。

リザーバーの安廣一哉選手が魔裟斗選手の代わりに準決勝へ。アンディ相手に回転胴回し蹴りなど、いい動きを見せますが、リザーブマッチで負った右瞼の傷が深く、ドクターストップ。アンディ・サワーが決勝進出となりました。

決勝は「ブアカーオ・ポー.プラムックvsアンディ・サワー」。再延長の末、アンディ・サワーの勝利2005年K-1 MAX覇者は、アンディ・サワー!でも、決勝戦、放送大幅カット…。ほとんど全部判定決着だったし、期待外れだったなぁ…。

K-1 WORLD MAX 2005 〜世界王者への道〜
K-1 WORLD MAX 2005 〜世界王者への道〜
K-1 OFFICIAL SHOP

K-1 OFFICIAL WEBSITE
2005年07月07日
7月6日に行われた「HERO'S〜ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦〜完全版」が、早くも来月ch363「TBSチャンネル」に登場!

今大会のベストバウトは、何と言っても「所英男VSアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ」でしょう。修斗王座6年間防衛中の“ギロチン帝王”ノゲイラに、所がバックブローからのパンチ連打でTKO勝ち。「生活を変えたい」と言っていた“闘うフリーター”が、一夜にして“HERO”になった一戦。感動しました。

メインの「山本“KID”徳郁VSイアン・シャファー」の試合は、元キックボクシング王者のシャファーに対し、KIDは打撃での勝負にこだわり、最後は見事パンチの連打でレフェリーストップ勝ちしました。

今大会は、全体を通して止めるのが早いと思いました。KID選手や所選手が勝ってくれたのは嬉しいけど、シャファーもノゲイラも、まだやれそうな感じにも見えたので。でも、PRIDE GPでの桜庭選手みたいなケースもあるし、難しいところですね。


ZST 2
ZST 2
posted with amazlet at 05.07.07
ビデオメーカー (2005/05/20)
売り上げランキング: 13,310
第2回「ZST-GP」の模様を中心に構成。2大エース・小谷直之と所英男の対戦を始め、競技性の高い迫力の試合を多数収録。
2005年06月21日
CLUBスカパー!7月号」が届いたので見てました。目玉の番組が色々と紹介されてますが、何と言っても僕が注目したのは、ch363「TBSチャンネル」の「倖田來未 secret 〜FIRST CLASS LIMITED LIVE〜」です。この番組は、過激なパフォーマンスで話題になった倖田來未初単独ライブ(6月11日 STUDIO COAST)の模様で、7月30日(土)に独占放送されます。このライブをスカパーで見られると思ってなかったので嬉しい。来月は迷わずTBSチャンネルに加入するつもりです(笑)。

Butterfly(DVD付)
Butterfly(DVD付)
posted with amazlet at 05.06.21
倖田來未 渡辺未来 渡辺徹 Yuichi Ono 宮地大輔
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2005/06/22)
売り上げランキング: 59

2005年06月11日
僕には見たい番組に応じて単発で契約するチャンネルがいくつか決まってるんですけど、ch363「TBSチャンネル」もその一つです。
続きを読む


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。