2005年07月18日
ch309「G+」で、「NOAH東京ドーム大会 "DESTINY 2005" 」見ました。PM6時からの5時間番組だったので、見るの大変だな〜と嬉しい悲鳴をあげてましたが(笑)、終わってみると、あっという間でした。

ムシキング・テリーvsブラックマスク」では、ムシキングが攻められると必死な表情で応援し、ムシキングが逆転すると大喜びの、子供たちの声援が微笑ましかったです。最後は、ムシキング・テリーがミストクラッシュでフォール勝ち。

GHCジュニアヘビー級選手権試合金丸義信vsKENTA」は、大熱戦の末、KENTAが飛びヒザ蹴りで勝利。KENTA選手がタイトル奪取しました。

GHCタッグ選手権試合鈴木みのる&丸藤正道vs秋山 準&橋誠」では、橋が捕まって集中攻撃を受ける。橋も鈴木に意地を見せますが、15針縫ったという頭部の傷が開いて大流血…。最後は丸藤が橋に、雪崩式不知火を決め、フォール勝ち。鈴木・丸藤組がタイトル防衛しました。

GHCヘビー級選手権試合力皇猛vs棚橋弘至」では、棚橋がドラゴンロケット3連発、ドラゴンスリーパーからの変形ドラゴンスリーパーまで出すが、最後は、力皇が強烈な張り手の連発からの無双で棚橋にフォール勝ち。力皇選手がタイトルを防衛しました。

小川良成vs天龍源一郎」では、小川がWARスペシャルを出すと、天龍WARスペシャル天龍顔面蹴りを出すと、小川も負けじと顔面蹴り、と互いに意地を見せる。最後は、天龍が53歳からのラリアットでフォール勝ち。53歳を2カウントで返した後、ラリアットで3カウントだったので、ちょっと拍子抜けって感じでした。試合後は、小川選手の健闘を讃え、天龍選手が肩を貸して一緒に退場

小橋建太vs佐々木健介」。小橋はなんと旧テーマ曲GRAND SWORDで入場。この曲好きだったので、見てて鳥肌が立ちました(笑)。この試合の見どころは、何と言っても、壮絶な“逆水平チョップ合戦”。観客の大声援の中、チョップだけの応戦が5分も続きました。当然、互いの胸は紫色に変色…。その後も、健介は、タイガースープレックス逆一本背負いからのストラングルホールドγ、小橋も、ハーフネルソンスープレックスムーンサルトプレスなどで、一進一退の攻防を見せます。最後は、小橋ローリング袈裟斬り連発からの剛腕ラリアットで3カウント。本当に凄まじい試合でした今年のベストバウト間違いなしだと思います。試合後、健介選手の「小橋選手、ありがとう!そして、ノアファンのみなさん、ありがとうございました!今日は最高に気持ち良かったです!」というマイクに、会場内は大健介コール。本当に「プロレス最高!」と思えた一戦でした。

メインの「三沢光晴vs川田利明」では、序盤は激しくも懐かしい攻防が見られましたが、三沢の背中へのエルボーで川田が怒り、猛反撃。場外戦へ持ち込んだり、顔面蹴りを狙ったりしてペースをつかみます。川田の、“ハッスル風ポーズ”からの花道場外パワーボムや、顔面へのジャンピングハイキック急角度のパイルドライバーなど、危険な技を何度も食らう三沢でしたが、その度に強烈なエルボーで逆転タイガードライバーエメラルド・フロージョンを決めます。最後は、三沢強烈なエルボー川田に何発もゴツゴツ当てランニング・エルボーで3カウント。三沢がフォール勝ちしました。試合後、川田選手がマイク。

川田利明
ノアのファンのみなさん、今日はありがとうございました。三沢さん、あえて握手はしません。ズルい話かもしれないけど、今日打つはずだった終止符が打てなくなりました。三沢光晴は、いつまでも俺の一つ先輩の力を持っていて下さい。ありがとうございました!」

終止符が打てなかった」という事は、川田選手は継続参戦するのかな?今後に注目ですね。番組の終わりには、橋本真也選手の追悼映像も。今日はもう腹一杯。最高の5時間でした。

PRO-WRESTRING NOAH<br>DESTINY 2005
7.18東京ドーム大会
全試合収録版 PRO-WRESTRING NOAH
DESTINY 2005
7.18東京ドーム大会
全試合収録版

2005年06月21日
久米宏が司会を努める日本テレビのバラエティ番組「A」が視聴率の低迷により、今月いっぱいで終了する事が決まったそうです。7月から9月にかけてはプロ野球中継特番の放送で乗り切るそうですが、今こそ「NOAH中継」を放送してほしいです。7月18日にはNOAHの東京ドーム大会もあるのでタイミングもバッチリだし、9月までならプロレスで視聴率が取れるのかどうかというテストにもなると思うからです。前に日テレの「K-1 JAPAN」中継について悪く言ったけど、今、深夜に放送中の「NOAH中継」の完全版を、そのまま放送してくれたら何も言う事ないんだけどな〜と思います。

7月18日(日・祝)18:00より、ch309「G+ SPORTS」でNOAH創立5周年大会プロレスリングNOAH 東京ドーム DESTINY 2005」が当日ディレイ放送されます。5年半ぶりの対決「三沢光晴vs川田利明」、「小橋建太vs佐々木健介」、GHC戦「力皇猛vs棚橋弘至」、「小川良成vs天龍源一郎」などなど豪華な対戦カードが目白押しなので、NOAHファンは必見ですね。

NOAH DEPARTURE 2004.7.10 東京ドーム大会 全試合収録特別版NOAH DEPARTURE
2004.7.10
東京ドーム大会
全試合収録特別版

NOAH オフィシャルサイト
2005年06月07日
ch309G+SPORTSで、NOAH中継札幌大会を見ました。今大会で一番良かった試合は、第6試合の「鈴木みのるvs佐野巧真」。U系対決。昔、対戦してなかったかな〜?とか思ってたら、右下にテロップが出た。

続きを読む


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。