2007年07月03日
筋トレ平岡祐太ch731「MUSIC ON! TV平岡祐太夢ヶ丘レジデンス見ました。6月も終わり、そろそろ夏本番という事で「細いんで、夏に向けて筋トレでもしないとな〜」という平岡くん。さて、平岡くんの筋トレ法とは…?
平岡祐太
「僕の筋トレ法は、普通の腕立てとかじゃないんです。ココに筋肉を付けたい場合は、ココを叩くんです。叩いて筋肉の繊維を破壊して、またいっぱいご飯食べて。そうすると壊れてた細胞が前よりも太くなって、たぶん筋肉が付いていくんじゃないかなと。」


それじゃマッサージじゃないですか(笑)。やっぱ筋トレは、腕立て、腹筋運動、スクワットが、手軽で一番です。

-----------------------------------------------------------------------------------

月刊東京ヒラウォーカー月刊 TOKYO Hira Walker
カメラ片手に平岡祐太が
東京23区を気ままに歩き回り
様々な出会いや発見をするコーナー

練馬区編 Part 4

江古田陶房どうしても1回やってみたかった」と平岡くんが向かった先は、陶芸教室「江古田陶房」。陶芸を通しモノ作りの楽しさを味わう事ができます。

江古田陶房
東京都練馬区旭丘1-65-3

西村真一朗先生まずは、江古田陶房・西村真一朗先生が、お手本を。さすがに先生なだけあって、みるみるうちに形が出来ていきます。

先生陶芸先生陶芸先生陶芸

平岡陶芸失敗自信ありげな平岡くん。映画「ゴーストのテーマ」の鼻歌まじりで挑むも、そうは簡単にいくわけもなく…(笑)。力を入れすぎたり、水が切れたりすると、抵抗がかかって崩れてしまうそうです。

平岡陶芸平岡陶芸平岡陶芸

真剣な表情で形を作っていく平岡くん。先生の指導のおかげで、素人が作ったとは思えないほどの形に出来上がりました。最後はシッピキという切り糸で底を切り、「チェケラッチョ!」と両手の二本指でそーっと持ち上げて、完成!

西村真一朗先生
「仕上がりが凄く立派で。一応、乾燥しましたので、この上から絵付けをしてもらいましょう。」


ゆうた用出来上がった作品に、ギターのイラストを描く平岡くん。茶碗の中には「当たり」の文字が。自分用のようです(笑)。

ゲスト用ゲスト用にも作りたい」という平岡くんの希望に応え、絵付け用の器を用意してくれた西村先生。平岡くん、こちらには大きく「ゲスト」の文字を(笑)。

西村真一朗先生
「他にない位、いい感じですね。初めてです。」
平岡祐太
「本当ですか?(笑)」


平岡湯のみゲスト湯飲み

そしてコチラが完成品!今後はユメレジで作品が使用されるそうなので、次回以降注目ですね。

* * * * *

江古田コンパ続いては、夜の練馬区「江古田コンパ」というお店へ。コチラでは、カクテル教室が開かれているそうですが、ちょっぴり大人の雰囲気に戸惑い気味の平岡くん(笑)。

平岡祐太
マリリンモンロー「怪しいな〜、何か雰囲気が。マリリン・モンロー(のポスター)。何かヤラシイ感じでいいですね。」


江古田コンパ
東京都練馬区旭丘1-67-7
昭和43年創業。陽気なママと
渋いマスターが温かく迎えてくれる

長島きくえさんコチラが、“江古田コンパのマリリン・モンロー”こと、ママの長島きくえさん

平岡祐太
「ここのマリリン・モンローなんですよね?」
長島きくえさん
「まぁ〜嬉しいわ!(胸)ちょっと触る?」
平岡祐太
「そっちですか(笑)。お触り自由なんですか?」
長島きくえさん
「そりゃそうだよ。飲み放題触り放題。それで500円。どうする?」
平岡祐太
「そういう番組じゃないんで(苦笑)。」


江古田のマリリンパワーにタジタジの平岡くん(笑)。

長島きくえさん
「“江古田の夜”。私が40年前に作ったのよ。でも、歳は33だから大丈夫よ。」
平岡祐太
「それ、おかしいですよね?生まれる前に作ったって事に…(笑)。」
長島きくえさん
「そうね。でも、こないだNHK出たら付いてたわよ、33歳って。」


字幕の間違い??33歳だと、僕と同年代という事になってしまいますが(笑)。

長島きくえさん
「(シェイク中)腰がやっぱり肝心。」
平岡祐太
「腰、使ってるんすか?コレ(笑)。」
長島きくえさん
「アンタ、腰がピッとしないと出来ないの。(腰を振らないと動きが)こんななっちゃうの。」
平岡祐太
「そっちの方が使ってるじゃないですか(笑)。」
長島きくえさん
「アンタも好きねえ。」
平岡祐太
「江古田の夜ですか?」
長島きくえさん
「ううん、シモネタ(笑)。」
平岡祐太
「男はみんなシモネタ好きですよ。」


江古田の夜ママおすすめのカクテル「江古田の夜」をいただく平岡くん。

平岡祐太
「…強いっすね(苦笑)。」
長島きくえさん
「強いでしょ?75度。」
平岡祐太
「あ、でも、飲みやすくて美味しいです。」


そして「平岡祐太オリジナルカクテル」作り、スタートです。

長島きくえさん
カクテル表「アンタ、このベースの中で、何が好き?」
平岡祐太
「…やっぱ、ウォッカいってみたいですね。何か面白いモノ試してみたいですね。」
長島きくえさん
「じゃ、ドラキュラ。アンタ似てんじゃない?ドラキュラに。」
平岡祐太
「マジすか?そんなオレ悪いですかね?」
長島きくえさん
「夜になったら。アンタいい男だからさ。」
平岡祐太
「(笑)。ドラキュラ、血を吸ってね、いっぱい。」
長島きくえさん
「ババアの血はやめた方がいいわよ。」
平岡祐太
「…それ、どう返したらいいんすか?(笑)」
長島きくえさん
「ドラキュラを15位入れて…赤い方がいいでしょ?やっぱり。真っ赤なドス黒いの。」
平岡祐太
「情熱的なね。」
長島きくえさん
「ね。じゃ、ザクロか。」
平岡祐太
「ザクロ…ザクロが赤いんですか?(笑)」
長島きくえさん
「ザクロ赤いんだよ。カクテル名は何?」
平岡祐太
「カクテル名は…“ドラキュラチェリーボーイ”にしときますか。」
長島きくえさん
「OK!ゴキゲンだぜ!ベイビー!」
平岡祐太
「ベイベー!(お客さんに)ベイベー!」
長島きくえさん
「作りましょう。では、ドラキュラが15。それにザクロ。そしてウォッカ。でもね、このウォッカはそうでもないよ。スプリタス入れる?96度。」
平岡祐太
「ちょっと入れてみましょう。」
長島きくえさん
「入れてみるの?アンタ!?本当に!?うわ〜スゴイね〜!!」
平岡祐太
「せっかくなんで。」
長島きくえさん
フタをポンと「シェイカーの振り方、教えてあげる。こういう風に持つのね。それで(蓋を)こういう風に入れて、こう。叩かなくていいの。よくバーテン叩くのいるでしょ?あれアホっていうのね。」
平岡祐太
「あの…(苦笑)。」
長島きくえさん
「これで絶対抜けないから。それをピッピッてやったり(叩いたり)さ。いるでしょ?アホ。」
平岡祐太
「魔法をかけたような(笑)。」
長島きくえさん
「そうそうそう。もうこれでアンタ勉強になったじゃない。」
平岡祐太
「(苦笑)。」
長島きくえさん
平岡シェイク「いい?利き腕の親指をトップにね。指先だけなの。中の氷が融けちゃうから。で、中指薬指、で後ろ、小指。そして高くね。ポン!ポン!ポン!そう。トン!トン!トン!大きく降った方がカッコイイよ。そうして、下で停める。」
平岡祐太
「下で停めるんですか。」
長島きくえさん
「それで右に持ちかえて、(蓋を)ポン、シャー(注ぐ)。」
平岡祐太
フタが「(根元から取れてしまい)あっ…!」
お客さん
「(笑)。」
長島きくえさん
「いいのよ。カ〜ワイイ〜♪力が入ってたわね。」


ドラキュラチェリーボーイ平岡くん、ある意味オイシイ展開(笑)。そして、平岡祐太オリジナルカクテル「ドラキュラチェリーボーイ」完成!アルコール度数は、なんと96度!平岡くん「そこのレディーたちに…」と勧めるも、ママに「女性はダメよ」と止められ、結局、平岡くんが自分で飲む事に(笑)。

平岡一気覚悟を決めた平岡くん、一気!

平岡祐太
「…ゲホッゲホッ(苦笑)。」
お客さん
「(笑)。」
平岡祐太
「結構、キツイっすね…(苦笑)。」
長島きくえさん
「そりゃそうだよ。96度だもん。」
平岡祐太
「でも、飲みやすい。全然…チェリー…チェリー入ってないんだけどな〜(笑)。本当に…あんまりよく覚えてないんですけど…カクテル深いですねえ。振ってみないと分からないですね。」


平岡くんの様子が微妙におかしい(笑)。ちゃんと喋れてるし、冷静なんですけど、何か微妙におかしい(笑)。

* * * * *

後日、平岡くん、ユメレジでこの日の一人反省会を…(笑)。

平岡祐太
平岡反省「すいませんでした。あの…まぁ、酒…ちょっとね、飲みすぎちゃいましたよ(苦笑)。飲まないワケにもいかないんでね。飲む量を考えろつー事なんですけどね。あの…次の日も、お酒は残んなかったんですけど…後悔だけは残りました、ハイ…(苦笑)。」


そんなにベロンベロンではなかったし、面白かったと思うんですけど…。カメラが回ってない所では、スゴかったのかな??(笑)

PHaT PHOTO 7-8月号PHaT PHOTO
7-8月号

ペットのウーパールーパーを観察した『ひらおかんさつ日記』連載中!

夢ヶ丘レジデンス
夢ヶ丘レジデンスBlog
MUSIC ON! TV
月額/¥473 「えらべる15」等のセットでも視聴可
平岡祐太 公式WEBサイト hiraocafe

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。