2007年03月30日
01細かすぎて伝わらないモノマネ選手権10」見ました。かなり久しぶりのモノマネ選手権。前回からもう半年も経っていたんですね。いつやるかとずっとチェックは欠かしてませんでしたが、結構間が空いたので見逃してたのかと思ったり(笑)。今回もスカパーじゃないのに、モノマネのリストをまとめてみました。

-----------------------------------------------------------------------------------

お 手 本
 
細かすぎて伝わるものまねロボ 有田くん
『高田統括本部長の日本とアメリカでの挨拶の違い』
日本での高田
「えー、本日は、ご来場、誠に、ありがとうございます。」
アメリカでの高田
「えー、ハロー、アメリカ!」


細かすぎて伝わるものまねロボ 有田くん
07年東京ドーム新日本プロレス大会 鈴木みのるvs永田裕志
『永田裕志が関節技をかけた時のありえない表情』
 
細かすぎるモノマネ師匠 大博士
『不思議体験を語る平山あや』

細かすぎるモノマネ師匠 大博士
『便座をあけてたのを気付かずに座った男』

-----------------------------------------------------------------------------------

シューレスジョー
「とくダネ!」オープニング
『夢のスーパーサーカスを観た翌日のテンションの高い小倉智明』
小倉智明
「ビバ、ドラリオン!ブラボー、人間!」


360°モンキーズ 杉浦双亮
倉敷マスカットスタジアム(ナイターゲーム)
『虫に対しても感情をあらわにする元中日デスティファーノ』
『暴れん坊で大振りのイメージだが、サインには逆らえなかった元ロッテ マッドロック』
『来日初打席で緊張気味だった元日ハム イースラー』


キャン×キャン 長浜之人
FNN「スーパーニュース スポーツの力」
『簡単な日本語を噛んでしまう永島昭浩キャスター』
永島昭浩キャスター
「スポーツの力、このあとしゅぐ!」


(新) ショウショウ 昇平・昇司
『キャンプの取材でイチャイチャする星野仙一と田淵幸一』

(新) チョップリン 西野恭之介
『ポイントを決める時だけ声が変わるモニカ・セレシュ』

(新) 惑星プラネット 田島孝一
CHAGE and ASKA コンサート(誕生日編)
『“HAPPY BIRTHDAY”を歌うも「な行」が絡んでしまう飛鳥涼』

(新) みょーちゃん
『韓国軍隊の独特な鍛え方』

いとうあさこ
『シブがき隊より目立ってしまうバックバンドのシブ楽器隊』

(新) 花香芳秋
『新幹線の席が窓側ではなく通路側だった時の鉄道マニアの原田芳雄』
原田芳雄
「俺は車輪の音が聞きたいんだよ。」


次長課長 河本準一
『マカオで「バンキシャ!」のカメラマンに見つかり、ちょいと嫌がるキム・ジョンナム氏』

(新) エハラマサヒロ
「夜もヒッパレ」
『ミスチルの“everybody goes”を歌うが、アレンジしすぎている桑名正博』

弾丸ジャッキー 松雪オラキオ
中国の体操選手シリーズ
『床の演技でラインオーバーしてしまい、あきらかにテンションが落ちる李小双選手』

どんぴしゃ 森本のりひさ
「ためしてガッテン」
『強引にガッテンを求める立川志の輔師匠』
立川志の輔
「黄ばんだシャツを真っ白にするには、漂白剤に頼るしかない!」


末吉くん
『何となく犯人の手がかりを見つけたベテラン刑事役の平泉成』
平泉成
「迫力あるもんですなぁ。目の前で見る黄金の右腕から飛び出る150キロの球。朝から聴取とってすいませんなぁ。それにしてもプロの世界というのは厳しい世界もんなんですなぁ。何しろコーチが亡くなった翌日から練習せなならん。頭が下がります。それで…これは捜査とは全く関係がないんですが、サインを一つ…よろしいですか?ありがたいですなぁ。…おや、ペンは左で持つんですか?」

※お笑いコンビ山崎末吉は07年2月、方向性の違いで解散

(新) 田村ゆきこ
『わずか2行で全ての感情を表現する田中眞紀子』
田中眞紀子
「私も苦しいんです!みんなも苦しいんです!」


くじら
蜂の巣駆除スターシリーズ
『俺の前で働き蜂はニートになる 上杉貴敬』
『全ての蜂をホームレスにしてやる 岩田瑞男』
『こちら蜂の引越しセンター ご用命は888-888…(落下)』


(新) 小川貴之
『自転車についているパフパフ音』

博多華丸・大吉 博多華丸
『やたらとうるさい横峯パパに、ついに口を開いた横峯さくら』
横峯さくら
「チッ」


マキタスポーツ
ドキュメンタリーDVD「FIFTY FIVE WAY」より
『あまりにもスケールの大きい道案内をしてしまった矢沢永吉』
矢沢永吉
「間違えただろ?!だから言っただろ?あそこのオーシャンを右って!」


牧田知丈
『中途半端なスイングをしてしまい自分自身に気合を入れ直す落合博満選手』

ガリットチュウ 熊谷・福島
『宴会で男性社員がポロリした時の女性社員のリアクション』

代走みつくに
第76回箱根駅伝予選会
『本選出場ラインスレスレを発表する関東学連のスタッフ』

(新)ブータン大統領
坂田ジュニアゴルフ塾
『親の前で子供の忍耐力をテストし始める坂田信弘塾長』
坂田塾長
「つま先で立ってみろ。足がプルプルしてきたろ?プルプル。親を見るな、俺を見ろ。俺を見ろ!」


(新)のろしけいち
『プールでふざけていて足がつり、リアルに溺れる人』

次長課長 河本 ガリットチュウ 福島
『シンクロダブルス プール外での打ち合わせ』

(新)ツジカオルコ
『ホテルの有料チャンネルで見る各国別のお色気ボイス』

360°モンキーズ 山内・杉浦
延長12回裏 1アウト ランナー3塁
『バッターを使い切り仕方なく打席に立った元中日サムソンリーと元巨人保守小田』

-----------------------------------------------------------------------------------

おかわりタイム

(新) 惑星プラネット 田島孝一
CHAGE and ASKA コンサート(卒業シーズン編)
『“仰げば尊し”を歌うも「や行」が絡んでしまう飛鳥涼』

キャン×キャン 長浜之人
FNN「スーパーニュース スポーツの力」
『噛んだ事を訂正し安心した瞬間に、また噛んでしまう永島キャスター』
永島昭浩キャスター
「安藤さん、レッドソックスの松じゃ…失礼。松阪選手、頑張ってほしいです。ちゅぎです。」


(新) 花香芳秋
『移動で使う新幹線の事になると、わがままになる鉄道マニアの原田芳雄』
原田芳雄
「俺は「こだま」じゃねえと行かねえぞ。」


(新) 小川貴之
「警視庁24時」シリーズ
『態度の悪い女子高生が万引きGメンに捕まった時』
女子高生
「お金払ってもいいし〜、家に電話してもいいよ。警察?警察だけはやめてよ〜お願い〜。」


360°モンキーズ 杉浦双亮
『東京ドームでの試合でチャンスに回ってきた時の元日ハム イースラー』

ガリットチュウ 福島善成
『嫌いな人に会った時の浅野温子のリアクション』

代走みつくに
第83回箱根駅伝予選会
『本選出場ラインスレスレを発表する関東学連のスタッフ』

(新) ショウショウ 昇平・昇司
『キャンプの囲み取材で時々同級生に戻ってしまう星野仙一と田淵幸一』

いとうあさこ
『元気一杯に踊るあまり「首もげちゃうよ」と心配をかけるBaBe二階堂ゆかり』

牧田知丈
『シングルヒットを打った後、とんでもない作戦に出る落合博満選手』

(新) チョップリン 西野恭之介
『ポイントを決める時だけ声が変わるサバティーニ』

博多華丸・大吉 博多華丸
祝勝会の挨拶シリーズ(99年ダイエーホークス初優勝)
『あまりにもあっさりと乾杯の音頭をしてしまった選手会長 浜名千広選手』
祝勝会の挨拶シリーズ(03年ダイエーホークス日本一)
『渦中の問題に触れ何て言っているのか分からなくなった選手会長 松中信彦選手』

シューレスジョー
「とくダネ!」
『台風の日に天達キャスターを呼び出す時に、不謹慎な事を言ってしまった小倉智明』
小倉智明
「え〜、それではお天気コーナー。この雨で流されちゃってんじゃねえか?天達ーっ!」


末吉くん
『犯人に嫌な追いつめ方をするベテラン刑事役の平泉成』
平泉成
「おでかけですか?よろしければお送りしますよ。鳥取…?ああ、奥さんのご実家は鳥取でしたなぁ。気持ちは分からないでもないです。ご主人が亡くなってから、一人で暮らすには寂しいですからなぁ、東京は。応援してます。ああ奥さん、今日はお借りしていた物をお返しにあがりまして。ご主人が亡くなっていた時に着ていたウェットスーツです。すいませんな、鑑識から持って来たばっかりでして、まだ若干砂がついてるもんですから。それにしても鑑識のやつら、おかしなこと言うもんですなぁ。ご主人が亡くなったのは九十九里なのに、この砂が鳥取砂丘の砂だなんて。…ああ、奥さん鳥取でしたなぁ?奥さん、愛されてましたな。ご主人はずっと奥さんと一緒にいたかったんでしょうなぁ(笑)。またお邪魔します。」


360°モンキーズ 山内・杉浦
『頭にデッドボールを受け怒り爆発する元日ハム ブリトーと元ダイエー捕手 吉永』

-----------------------------------------------------------------------------------

決 勝 戦

弾丸ジャッキー 松雪オラキオ
ロシアの体操選手シリーズ
『床のフィニッシュであきらかな着地ミスを、ごまかしきろうとするアレクセイ・ネモフ選手』

博多華丸・大吉 博多華丸
祝勝会の挨拶シリーズ(06年WBC初代王者)
『嬉しさを体で表現した王貞治監督』

末吉くん
『仏壇の前で息子の遺影に語りかける、お父さん役の平泉成』
平泉成
「おい、ヒロシ、お父さんだよ。お前が天国行っちまってから1年経つが、不思議なもんだねえ。父さん母さんちっとも寂しくないんだよ。だってそうだろ?毎日毎日友達来てくれるんだからなぁ。おい、ヒロシ、お前さんは日本一の幸せ者だよ。…おやおや、また友達来てくれた。ありがたいねえ。はい、今出ますからね…「帰ってくれないか!」」


いとうあさこ
『「そんなに動いたらスープこぼれちゃうよ」と逆にこっちをハラハラさせる、カップスターのCMの荻野目洋子』

(新) 花香芳秋
『「一世風靡セピア」時代によく皆でプロレスをしていた時の話をする哀川翔』
哀川翔
「そうですねえ、みんなでよくやってましたねえ。時間があればねえ。俺はね、勝俣つかまえてねえ、やってたんだよねえ。技かけて。…俺がよくかけてた技?ロメロスペシャル。」


牧田知丈
79年日本シリーズ 近鉄×広島
『「江夏豊伝説の21球」でスクイズを外し2アウトを取った時の江夏豊投手』

(新) 小川貴之
「警視庁24時」シリーズ
『万引きで捕まり「夫に連絡するから」と言われた時の妻のリアクション』

「夫にだけは言わないで下さいよ〜。お願いします。殺されちゃうんですよう。」


(新) 惑星プラネット 田島孝一
CHAGE and ASKA コンサート(沖縄野外編)
『海に感動しお客さんと合唱するも「な行」が絡んでしまう飛鳥涼』

360°モンキーズ 山内・杉浦
『2ストライクと追い込まれ変化球を対処しきれなかった元半身ダラスコと元巨人捕手小田』

-----------------------------------------------------------------------------------

第10回チャンピオン

末吉くん
『仏壇の前で息子の遺影に語りかける、お父さん役の平泉成』
平泉成
「おい、ヒロシ、お前が天国行っちまってから3年経つが、あと少しだから。寂しくないよ。父さん母さん、すぐお前のとこ行ってやるから。なあ?母さん。母さんからも何か言ってやりなさい。母さん…? 寝ちまったよ。」


第10回チャンピオンは、コンビを解散してモノマネ選手権に挑んだ末吉くん。どんどん長くなってきている刑事役の平泉成のモノマネですが、聞き逃さないようにオチを期待しながら見るのがたまらないんですよね(笑)。

-----------------------------------------------------------------------------------

ちなみに今日の放送で僕が面白かったベスト5は、こんな感じです。

1.小川貴之
2.末吉くん
3.弾丸ジャッキー 松雪オラキオ
4.博多華丸・大吉 博多華丸
5.花香芳秋


結果出るまでは、高校生の小川君が優勝してしまうじゃないかと思ったほど、インパクトが強かった脅威の声帯。まだまだ他にも何か出来そうですし、将来は声優とか目指せるのでは?末吉くんはもう文句なしですね。弾丸ジャッキーは普通に凄くて見入ってしまいました。博多華丸は僕的に横峯さくら以外がイマイチだったかな。花香芳秋は哀川翔のロメロスペシャルで。今回はプロレスネタがなかったのが残念でしたが、そのぶんオープニングで強烈なの(永田裕志)が見れたので、結果大満足でした(笑)。

≫細かすぎて伝わらないモノマネ選手権9

この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
自分も見逃しそうになりましたが、何とか見ることが出来ました。

色んな新人さんが登場して楽しませてくれたので、同じく大満足だったんですが、プロレスネタが少なかったのがやっぱりちょっと残念でしたね。特に蝶野は今回ぐらい優勝かなぁと思って期待してたんですけど。。

しかしあの高校生の声帯はびっくりですね。
他のネタも見てみたい。

個人的にツボに入ったのはサバティーニと飛鳥涼。
あと、オープニングの永田裕志も最高でした。
Posted by うぃー at 2007年03月30日 21:17
うぃーさん、こんばんは。
ご無沙汰してました。

>特に蝶野は今回ぐらい優勝かなぁと思って期待してたんですけど。。

そうですよ!どうしたんでしょうか?蝶野は。
今回はフィルターかけられてるんじゃないかと思うほど、見事にプロレスの常連が消えてましたね。
直井たかしの猪木が見れなかったのも、ちょっと寂しい感じが。

強烈だったのは、やっぱオープニングの永田ですよね(笑)。
飛鳥涼は、どうしても昔のウンナンのコントを思い出してしまう(笑)。
Posted by マック at 2007年03月30日 21:30
今回はプロレスネタがなかったですね〜。
なんとなく消化不良だったのはそのせいでしょうか?(笑)
Posted by 団毬 at 2007年04月01日 23:58
マックさん、お久しぶりです!

いやぁ〜見逃しちゃいました(泣)
テレビつけたら、おかわりタイム時の博多華丸・大吉でした。
なのでマックさんの記事をを見て想像…。
やばい、想像だけでも面白い(笑)
さくらの(・д・)チッが見たかったですねぇ。

優勝は満を持してって感じでしたね。
あの脚本は本人が考えているのか、はたまた本当にドラマであったものなのか。
Posted by このり at 2007年04月02日 21:45
団毬さん、こんばんは。
やっぱプロレスネタがないと寂しいですね〜。
最初の「永田のありえない表情」は最高でしたが(笑)。
今度の棚橋戦でもキラー永田が見られるのか、楽しみですね。
Posted by マック at 2007年04月02日 22:59
このりさん、お久しぶりです。

さくらは「ついに口を開いた」っていうから、何言うんだろうと
思ったら「チッ」だけ。
「ついに」って言っても、このさくら役の人が「ついに」ってだけ
なんですけどね(笑)。

末吉くんは、本当凄いですよね。
“モノマネ”ですから、ベースとなるドラマは存在するのでしょうか?
そのうちドラマ出演とかの話もきそうな勢い。

あと個人的には、有田の永田を見てほしかった(笑)。
Posted by マック at 2007年04月02日 23:09
こんばんわ、マック様

日曜日に色々録画溜めしてあるのをやっと見終えました。
今回は、新人さんが多く、少し下克上・世代交代が進んでいると感じました。今までは面白いだけだったのですが、今回は上手さが加わっているという印象。あ、プロレスネタが無かったのはちと残念無念ちんねんです^^

遅ればせながら上田チャンネルでのご紹介、おめでとう御座います。あと、サムライTVのバーサス、対談の記事興味深く読ませてもらいました
Posted by kenjipunkrock at 2007年04月03日 00:14
kenjipunkrockさん、こんばんは。

今回、登場した新人さんたちは、本当にハイレベルな
人たちばかりで。
それも必要以上のネタを仕込まないで、ちゃんとモノマネだけで
勝負してるんですよね。
プロレス勢が消えたのも、そのせいかもしれません…。

>遅ればせながら上田チャンネルでのご紹介、おめでとう御座
>います。あと、サムライTVのバーサス、対談の記事興味
>深く読ませてもらいました

ありがとうございます。
上田ちゃんネルで紹介してもらえたのは、本当ビックリでした(笑)。
長州×前田の対談、長州丸くなりすぎですよね(苦笑)。
Posted by マック at 2007年04月03日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

細かすぎて10
Excerpt: 放送に気付いたのが前日。見逃したのかと思ったけど、間に合ってよかった。猪木、馬場、蝶野がいなくなってプロレス色が薄くなったのが残念ですが、なかなか強烈な新人さんもいて今回も楽しめました。個人的にハマっ..
Weblog: さすらいのテキサスロングホーン
Tracked: 2007-03-30 21:22

いとうあさこ 実家 無人島生活
Excerpt: 火照った体を見て〜 ... 今週末は誕生日のmiikoがお届けする今日の記事は♪ 簡単〜にGWの報告(*ノ´∀`*)ノ 「いとうあさこ」知ってる〜( ̄m ̄* )??? kenの実家に遊びに行ったの♪..
Weblog: ブログ縦断!ニュース速報
Tracked: 2009-08-05 23:14


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。