2007年03月15日
上田ちゃんネル #14ch717「テレ朝チャンネル」 で「上田ちゃんネル #14」見ました。今回で早くも14回目となる上田ちゃんネル。上田さんの当初の考えとしては、ボクシング、野球、K-1、政治などのテーマを中心に、3回に1回が古坂さんというイメージだったそうですが…。
上田晋也
「今日14回目で、お前11回目なんだって。来すぎなのよ、ちょっと(笑)。」
古坂大魔王
「考えてみなって。ボクシングが上田晋也を中心に回る?回んないよね?野球は上田晋也を中心に回る?回んないよ。俺は回るよ!俺はくるんくるんだよ?」


あなたは恒星、私は衛星」でしたっけ?(笑) この日は2本撮りなので次回も古坂さん。再来週こそボクシングやると意気込む上田さんに…。
古坂大魔王
「ボクシングにも、ちょくちょく俺入ってくるわ(笑)。」


ボクシングの回は、むしろ古坂さんの方がツライかも?(笑)

九州料理・もつ鍋
「福家(ふくわうち)」

新宿区四谷3-8-9三井ビル2F

-----------------------------------------------------------------------------------

「上田ちゃんネル」ファンに感謝!

観てますよ「上田ちゃんネル」上田さんが熊本に帰った時の話。タクシーに乗り「里帰りですか?」「どうもどうも」といったやり取りの中で出た運転手さんのある一言に、上田さんビックリ!
上田晋也
「「観てますよ、上田ちゃんネル」って言われて、嘘ーっ?!と思って(笑)。これは嬉しいね!」
古坂大魔王
「年齢は?(爆笑)」
上田晋也
「50近くだと思う。普通さ、「細木さんとやってるの見てるよ」だとかさ、「世界一受けたい授業、見てるよ」とかっていうのは、よくあるからさ。」
古坂大魔王
「「おしゃれ」とかね。」
上田晋也
「「おしゃれイズム見てるよ」とかなら「ありがとうございます」っていうけど、その時「嘘ーっ?!」って言ったもんね(笑)。」
古坂大魔王
「嘘つけ、だよな(笑)。」
上田晋也
横のメガネも売れてんね〜「でもね、その後、高校時代の同級生と集まって飲んでたんだけど、あるやつなんて、俺が民放に出てるのはほとんど見ないんだ。上田ちゃんネルだけ見てるんだって。だから、そいつの中では、「ああっ!上田ちゃんネルの人!」みたいな感じなわけよ。」
古坂大魔王
「じゃあ、横のメガネも売れてんね〜みたいな?(笑)」
上田晋也
「言ってた言ってた!“古坂”とは言ってなかった。“大魔王”って言ってたけど(笑)。手前味噌だけど、この番組、浸透しつつあるみたいよ。」


上田ちゃんネルにスカパーな日々が!!業界視聴率はスゴイという上田ちゃんネル。古坂さんも友人の芸人さんに会うたびに「アレ出してよ」と頼まれるほどだそうです。地上波じゃないのに凄いな〜と思って見ていたら、個人的にもっと凄い事が…!!!
上田晋也
「嬉しい事に、上田ちゃんネルをずっと書き起こしてくれてる人とかいるわけ。このスカパーな日々。」


つд⊂)ゴシゴシ(;゚ д゚) … (つд⊂) ゴシゴシゴシ(;゚ Д゚) …!?

上田晋也
ただのオタクです「この俺とお前が話した、例えば、韓国ドラマの話だとかさ、エロビデオの話とかも、全部セリフを書き起こしてくれてんのよ。」
古坂大魔王
「この人さ、何者なんだろ?」
上田晋也
「いや、でもパーッと見るだけでも凄いよね。これぜひ、本当のオフィシャル(HP)を、この人にお願いしたいもんね。」
古坂大魔王
「ねえ。お金とかもちろん一切払わないですけど。一切払わない、それはもちろんですよ。お金は一切払いません(笑)。」
上田晋也
「この福家でご馳走ぐらいはしてあげるけどね(笑)。」
古坂大魔王
「観に来たいんですとかね。取材とかしてもらってもいいね。」
上田晋也
「全然それはね、喜んで受けるよ。こんなに細かくやってくれて。」
古坂大魔王
「男…男なんですかね?これ。でも、エロビデオの中身とかも詳しいから…。」


うわ〜!ありがとうございます!!まさか憧れの上田ちゃんネルで紹介していただけるとは!!上田さん、古坂さん、浜口さん、テレ朝チャンネルのスタッフの皆様、いつも勝手なこと書いててスイマセン(笑)。地方在住なので見学に行けないのは残念ですが、上田ちゃんネルは毎回欠かさず見ています。ちなみに僕は、古坂さんの推測通り、柚木ティナと及川奈央が好きな“男”です(笑)。

続いてこちらは、その名もスバリ「上田晋也さん大好き!!!」という、上田さんファンの方のブログ。

上田晋也
上田晋也さん大好き!!!「えーと…何ていうページなんだ、これは…。」
古坂大魔王
「“上田さんが大好き”じゃないの?」
上田晋也
「ああ、そういうページなの?コレありがたいよ〜!彼女も。」
古坂大魔王
「ありえないと思わない?だって「そろばん塾の講師」をしているとしたらだよ、絶対ファンはいないじゃん?」
上田晋也
「(爆笑)。」
古坂大魔王
「顔だけでいえば、タッキーは…タッキーって滝沢(秀明)クンね。」
上田晋也
「分かるよ(笑)。」
古坂大魔王
「水の江(滝子)の方へいっちゃうと思ったから。」
上田晋也
「いくか!(笑)」
古坂大魔王
「タッキーとかは、そろばんやってても、まあ人気あるじゃん?(上田さんは)絶対ないじゃん?“上田さんが大好き”。上田さんのファン。」
もちろん上田ちゃんネルも上田晋也
「嬉しいよね〜!希少な人よ。前、言ったっけ?この番組でファンレターの話。キムタク・反町隆史より上田さんと掛布の方がカッコイイと。それ、お前がおかしいよっていうね(笑)。彼女も書いてくれてんのよ、上田ちゃんネルの事とかさ。で、実際来たみたいよ、このお店に。料理を食べてね、事務所に行ったとか書いてくれてたりとかさ。」


上田さんの女性ファンって結構多いんですよね。僕は3〜4年前にロンドンハーツで放送された騙し企画(仕掛け女性とデート)での、上田さんの紳士っぷりを見てファンになった女性が多いと思います。続いては、「くりぃむぽっと」。

くりぃむぽっと古坂大魔王
「見た事あるよ、これ。」
上田晋也
「マグロとかサバを食べてた時の話とかもあるんだけど、意外な評価なのが、浜口のナンパ術。」


【くりぃむぽっとさん】へのコメント
「それにしてもナンパ術 スゴイですね!そこまでやれればナンパと言えども大したもんです。」


上田晋也
「っていう書き込みがあったり…。」
古坂大魔王
「それは違う人の書き込みが入ってるんだ?」
上田晋也
「そうそう、掲示板みたいなとこね。で…。」


【くりぃむぽっとさん】
「ナンパ術 なかなか説得力があって なるほどーと思うものがありました。ナンパで鍛えたせいか、上田さんを説得する巧みな話術、若手芸人とは思えないくらい大したものでしたよ〜!」


上田晋也
同い年ですから(33歳)「…とか。」
古坂大魔王
「そりゃ〜、若手じゃないですからね。同い年(33歳)ですからね。」
上田晋也
「若手と思われてるけどね(笑)。あとこの…。」


【UN・UN日記】さん
UN・UN日記「まだまだ教え足りないナンパ術があるようなので この企画またいつかやってほしいです。次回は久しぶりに『ボクシング』 なんだ またやるんだ…(笑)」


古坂大魔王
「(爆笑)。」
上田晋也
「ボクシングがメインだって、俺は(笑)。何でそっちがガッカリされてるんだ(笑)。」


僕は「上田晋也さん大好き!!!」さんたちを招いての公開授業「浜口ナンパ術〜珍ナンパ編〜」っていうのが見たいですね。女性を前にしてナンパ術を力説する浜口さん(笑)。面白くなると思います。

-----------------------------------------------------------------------------------

注目度UP!「浜口ナンパ術」

古坂さんのまわりでは、かなり評価が高いという「浜口ナンパ術」。個性がなく清潔感のある服装、スーツを着て堅いカバンを持っている、というのが、“きちんとしている”と思われて、相手に安心感を与える事ができるそうです。
古坂大魔王
「スーツ着てると怪しくないみたいな。それで(偶然を装って)お土産の…ABCマートの靴袋持ってる、こんなのもう詐欺師ですよ、こんなの。コレは効くみたい。」
上田晋也
「それは一緒に見てた人も評価してたの?」
うまいうまい.jpg古坂大魔王
「AAA、あいつらと一緒に見てたの。AAAが「あー、うまいうまい!」とか言ってたよ。18(歳)のガキに「うまいうまい」(笑)。」
上田晋也
「男も、あれ見て勉強してんだ?」
古坂大魔王
「なるほどって言ってた。」
上田晋也
「例えば「肉選んでるとこスイマセン」とかも?」
古坂大魔王
「肉選んでる時は裸だから、女は。野菜とかは、やっぱりキャベツとか何枚も着るわけじゃん?」
上田晋也
「嘘つけ(笑)。」


-----------------------------------------------------------------------------------

ナンパ講座

最強ナンパマニュアル「アダムとイブ」ここで注目度上昇中の“ナンパの神様”浜田亮さん登場。今回は「最強ナンパマニュアル“アダムとイブ”」より残りの講義を聞いた後、「実践編」として実際にナンパに行ってもらう事に。「俺がお前の立場で「急にナンパに行け」と言われたら、心の準備が…」と後輩を気遣う上田さんに、自信満々の浜口さんは「ガッカリ」発言。
浜口亮
「「次週は3人でナンパ行こうぜ」って言わなかったことにビックリしてますね!あれだけ教えてきたんだから、ココでのんびりトークしている場合じゃないでしょ!」
古坂大魔王
「先生、まだね、信用してないです。だから、連れてきてほしい。」
上田晋也
「じゃあ、講義の方を先に…上級編の後半あたりから。」
浜口亮
「7ページですね!」
古坂大魔王
「みなさ〜ん、7ページで〜す。PDFでダウンロードができるように(笑)。」


* * * * *

『早い時間はメアドのみ』
・時間がある場合、早い段階で知り合った
 女性はメアド交換のみで!
・100%の1人より、10%の10人
休日など時間がある場合、早い段階で知り合った女の子と遊ぶまでいってしまうと、その日の出会いはそこで終わってしまうという事らしいのですが…。ナンパの目的が変わってきてませんか?(笑)

浜口亮
「今日1日はナンパって決めたのであるなら、遊ばない!もうそこはメアドだけ交換して…。」
上田晋也
「その“今日1日”っていう発想がないのよ。例えば、暇だな〜、女の子と一緒に飲みたいな、ナンパしました。いい感じだったら、そのまま行きましょうよっていう事じゃない?」
浜口亮
「そうなんですけど、でもその人は絶対遊んでくれるっていう100%の1人じゃないですか!メアドだけ交換したら、もう何日かしたら返って来なくなっちゃうかもしれないけど、例えば10人と交換すれば、3割の10人じゃないですか。可能性がちょっとある10人。だから“100%の1人”は、どんだけ突き進んでも1人しかいないじゃないですか!だったら“1%の100人”を100コ持っといた方が、2にも3にも4にもなる可能性があるじゃないですか!」
古坂大魔王
「マイクが来たから、ホント講演会みたい(笑)。」
浜口亮
「言っときたいのは、常に女性に迷惑をかけないっていう事がメイン!」
上田晋也
「…だって、基本迷惑かかってるんじゃない?」


* * * * *

『可能性をゼロにするな』
・メールアドレスをゲットできなくてもラストまで!
・紙切れに自分の情報を書いて渡しましょう
浜口亮
「話してくれたって事は、生理的に嫌いなわけじゃないですから!「次のオリンピックまで待てるんで!ぜひメアドだけでも」と!」
古坂大魔王
「で、ひと笑かしあってね。軽いギャグ。舞台では一切ウケない(笑)。」


ランク
遊ぼう>携帯番号>メールアドレス
>自分のメアドのみ>メアド紙渡し
>メアドを口で伝える
浜口亮
「ダメだったら「メアドをもらっといてくれませんか」と!もし僕「浜口」で、(女の子がメールを)“は”の欄の誰かに送ろうとして、1段ズレたら僕んとこメール来ちゃうじゃないですか!そしたらその子のメアドゲットじゃないですか!」
上田晋也
「そういうミスまでも考慮してて?コイツ野村監督より緻密じゃない?」
古坂大魔王
「うちの親戚のパチプロに似てる。パチプロもこんなこと言ってるよ。」


最終手段として口で伝える時は、母音を全てア行にする“簡単なメアド”で。実際にコレで「簡単だったから覚えてたよ〜」とメールが返ってきた事があったそうです。

古坂大魔王
「先生!先生!本当ですか!?本当なんですか?!」
浜口亮
「これは1回しかなかったですけど、1回あったという事は、可能性ゼロじゃないという事ですからね!」
上田晋也
「むしろ相当あるよ。」
古坂大魔王
「今、言ったら?メアド。」
浜口亮
「みんな迷惑メールじゃないですか!(笑)」


* * * * *

『その日の態度でそいつを決めるな』
・メアド交換をしても女性の態度がイマイチだった…
 しかし後日、会ったらイメージが違う事も
浜口亮
「せっかくメアドを交換しても、ちょっとツンツンしてたりして、後日会っても会話が会わなそうだなっていうのもあるじゃないですか!でも、その日はナンパに対しての怒りとか「大丈夫なの?コイツ」っていう事が生んだツンツンかもしれないんですよ!だから、その日の態度でそれを決めて「メアド交換したけど、アイツには連絡しねえ」っていうのは、非常にもったいない!」
上田晋也
「ほう、なるほど。いいやつの可能性が…何だよ、そのツンデレ喫茶のナンパ版みたいな(笑)。」


* * * * *

『気配り』
・連絡して欲しくない時間帯を確認しておきましょう
 そして、その理由は聞かない事
浜口亮
「交換できた場合ですけれども、「ちなみに絶対メールして欲しくない時間ある?」って聞いとくんです!そうすると、無い人は普通に無いですけども、「この人、そんなところまで気を使ってくれるんだ」と!」
上田晋也
「そういうの喜ぶよね。俺も今は結婚しちゃったからやってないけれども、例えば、付き合い始めの女の子とか、付き合いたいなと思っている段階とかは、10時以降は電話しなかったりしたもんね。」
古坂大魔王
「確かにね。それをずっと続けて、たま〜に3時位に電話して、「もうヤバイよ〜」とか言ったら、女はもうグチュグチュですよ。」
上田晋也
「(笑)。」


* * * * *

『ピンク色とハートのアクセサリーを狙え』
・コレを好む女性は恋愛をしたがっている!
浜口亮
「携帯のジャラジャラとかと一緒で、基本ピンクが好きだったりハートのアクセサリーを好む人間は、もう恋愛をしたがってます!」
上田晋也
「そうかな〜?(笑) でも、ピンクは基本、女の子は好きなんじゃないの?」
浜口亮
「もっと言えば、そんなの嘘でもいいですわ!ただこっちとして「アイツ行きやすい!」っていう自信が生むパワー!コレです!」
古坂大魔王
「なるほどね。ハートが好きだから恋愛をしたがってる、行こう…って妄想だよ。妄想でいいの?(笑)」
上田晋也
「よくさ、俺らが中学時代にさ、ホットドッグとかを読んでたらさ、「紫の服を着てる女はエロい」だとかさ、「雨の日は女が興奮している」とか、嘘つけ!みたいなこと書いてあったりするじゃんか。」
古坂大魔王
「「コンパにミニスカートで来たら、9割ヤレる」とか(笑)。」
上田晋也
「でも、そういうのちょっと拠り所にしてた時期っていうのは…要はそういうような事だろ?」
浜口亮
「もっと言えば、ピンクを着た人が、たまたまピンク関係なしに言い寄られると弱い人だとしますよ!でも、こっちとしてはピンクが理由でいけたわけですから!一つのきっかけですから!」
上田晋也
「うちの相方も何だかんだ言って、いまだに「紫の女はヤレる」って信じてるから。あいつ大バカなんだ(笑)。」


* * * * *

『夜ナンパする時』
・必ず照明の明るい所でしましょう
 それだけでイメージが明るくなります
上田晋也
「基本、夜だろ?夜が多いよね?ナンパって。ああ、それはもう凝り固まった考えなの?」
浜口亮
「夜はキャッチの人とかホストの方とかは旨いのかもしれないですけど、やっぱり基本恐いですよ、女性は!駅構内とか、照明がパーッと明るい所でいった方がいいですね!」
古坂大魔王
「明るいってだけで、確かにホッとする。暗いと単純に恐いじゃん?」


-----------------------------------------------------------------------------------

ナンパの格言

そろそろ“お出かけ”の時間という事で、ナンパマニュアルの「格言」より、浜口先生が「コレは!」というものをチョイス。

* * * * *

『ベタな男が最強』

浜口亮
「明るく、大きな声、笑顔、さわやか、元気、これで良い!」
上田晋也
「こんな典型的な事でいいの?」
浜口亮
「影を背負うとか、悲しげな瞳、アンニュイな魅力、やかましい!」
上田晋也
「俺「影を背負った方がいいんじゃないの?」とか、言ってないよ?(笑)」


* * * * *

『失敗はカッコいい』

浜口亮
「カッコいい見た目のやつは、いくらでもいると。でも、カッコ悪さをさらけ出せるやつは何人いるかと!この精神を持っていけって!」


* * * * *

『人生とはナンパであり、ナンパとは人生である』

浜口亮
「有名な人が言った言葉に非常に近いんで引用したんですけど、中田ヒデの引退コメントです!あれ聞いた時、この人わかってるなと!」
古坂大魔王
「あいつ、ナンパしねえよ(笑)。」


* * * * *

『選ぶんじゃない、選ばれろ』

浜口亮
「相手は全くの他人ですから、自分の価値観を押し付けるんではなく、相手の価値観にのっていけと!」


* * * * *

『安心しろ!恋愛はDNAに組み込まれている』

浜口亮
「素晴らしい女性を見つけた時に「話したい!遊びたい!知り合いになりたい!」って、強く思うんです!どう話しかけたらいいかなとかじゃなくて、もう強く「知り合いになりたい!」と願えば、あとはDNAが自然とうまくいくように仕向けてくれるっていう事なんですね!生命のエネルギーが、「すいません!僕と知り合いになって下さい!」という熱を出しますから!強く願う事が大事なんです!」
上田晋也
「…安心していいのね?コイツの宗教があったら、俺入ってるよ(笑)。」


* * * * *

『会話の延長がナンパ』

上田晋也
「何だよ、その“ヒットの延長がホームラン”みたいな(笑)。」
浜口亮
「これ位のスタンスでいけば、気楽だよっていう!」


上田晋也
「じゃあ…行ってもらおうか?」


-----------------------------------------------------------------------------------

番組中に女の子をGETせよ!

いよいよ実践!果たして今まで力説してきた「ナンパ術」は、街中の女性には通用するのでしょうか??

ナンパ実践編ルール
・テレビの番組の撮影を明かす…×
・男仲間がお店で待っていると言う…○
・ナンパマニュアルの存在をバラす…×
テレビでこれだけ放送されているのに、「ゆくゆくPDFで一斉に出すから」と、なぜかナンパマニュアルの存在をバラす事にうるさい古坂さん(笑)。

ナンパ実践編ルール浜口亮
「じゃあ、格言をふまえて、行ってきます!」
上田晋也
「先生、その前に、その辺の雑誌を数点取ってもらえますか?」
古坂大魔王
「先生だぞ?(爆笑)」


上田ちゃんネルもハイテクに何かあった時、浜口さんが電話をすると映像が映るテレビ電話。番組スタート時の手押しカセットを考えると、本当にハイテクになったものです(笑)。

可もなく不可もない服装浜口さんの服装も、マニュアルに書かれていた通り「確かに可もなく不可もない」と感心する上田さんと古坂さん。

* * * * *

先生自ら実践スタート!ちゃんとカメラも付いて行くんですね。これは本当に面白そう(笑)。早速一人目に声をかける浜口さん。

浜口亮
#14ナンパ01「すいません、今日は男の方と待ち合わせですか?」
女性
「いや、違います。」
浜口亮
「今、ちょっとお見かけして、大変さわやかでステキだなと思いまして。後日、今日はアレだとしても、後日遊んだりできないですかね?」
女性
「友達来ますよ。友達チョーカワイイよ。」
浜口亮
「マジっすか?じゃあ、ご飯食べてるんですけど、今、食べに行きません?」
女性
「どこで?」
浜口亮
「すぐそこの「福家」っていう…あ、お友達。」
女性
「(電話が着信)すいません。」
浜口亮
「待ちます、俺。」


こんないきなり「ちょっとお見かけして、大変さわやかでステキだなと…」なんて、声かけるもんなんですね(笑)。結構、好感触なように見えましたが、友人と電話で話しこんでしまったため、時間のない浜口さんは泣く泣く諦める事に。
浜口亮
「いや〜、未成年っぽいですし、ずっと電話してますからね。」


* * * * *

続いて、通行中の女性に声をかけてみる浜口さん。

浜口亮
#14ナンパ02「すいません、こんばんは。今、お忙しいですか?あの〜、ちょっとお見かけして、大変さわやかだなと思いまして。」
女性
「ハハハ(笑)。」
浜口亮
「良かったらその…今日は忙しいじゃないですか。後日、ファンタを飲んだり、なわとびしたりする「さわやかな会」みたいな催し物を一緒にしていただけたらなと思って。今、募集してないですか?」
女性
「募集?」
浜口亮
「メアド交換みたいなの、あるじゃないですか?」
女性
「いや〜。」
浜口亮
「交換は失礼だと思うんですよ。なんで、渡すだけってどうですか?こっちが教えるだけみたいなので。で、もう世界中の男が死んで、アイツしかいないみたいになった時に、「おっアイツがいたか」みたいな。ダメですか?」


ナンパマニュアルより、「荷物を持っている手の側から」「ファンタ」「メアド交換→渡すだけ」といったテクニックを繰り出すも、あえなく失敗。やはり7%では…(苦笑)。

-----------------------------------------------------------------------------------

久々に雑誌でトーク

その頃「福家」では、かなり久々の雑誌トーク。実は初期の頃しかやってなかったんですよね(笑)。

月刊 秘伝 2007年2月号月刊 秘伝
2007年2月号


古坂大魔王
「(爆笑)。」
上田晋也
「月刊秘伝。秘伝を月イチで教えるなっつーの(笑)。それは秘密なんじゃねえのかよ。」
古坂大魔王
「嘘でしょ?これ(笑)。」
上田晋也
「やってんだ、古武道大会とか。」
古坂大魔王
「うわ〜、いかにも秘伝。」
上田晋也
「やっぱさ、俺らの知らないところで、こういう大会は行われてるんだよ。」
古坂大魔王
シグルイ 1 (1)「漫画で「シグルイ」っていうのがあって。月刊チャンピオンREDってやつで。徳川の3代将軍ぐらいの時の話で、唯一将軍家で切腹して死んだ殿様がいるんだけど、その人がやった御前試合から広がったストーリーっていうやつがあるんだけど、それが今、俺ハマってて。本当こういう世界なのよ。」
上田晋也
「へえ〜。じゃあ、お前大好きじゃん、こういうの。」
古坂大魔王
「大好き。刀とか超好きよ。付き合った彼女と1年目のクリスマスに「何欲しい?」って言ったから、「刀」つったからね。」
上田晋也
「彼女、どんなリアクションとってた?(笑)」
古坂大魔王
「漫画みたいだった。「ゲッ」つって(笑)。」
上田晋也
「あんまり「ゲッ」て言わないもんな、人は。」


* * * * *

女教師ツーウェイ 2007年2-3月号女教師ツーウェイ
2007年2-3月号


上田晋也
「今日も色んな雑誌があるわけ。ただ、なぜかここのスタッフ「女教師ツーウェイ」は買ってくるね。毎回買ってくるよ。」
古坂大魔王
「誰か関係あるんじゃない?その出版で。」
上田晋也
「あんのかね?そんなに食いついてないよ?俺たち「女教師ツーウェイ」必ず買ってくるけど(笑)。」
古坂大魔王
「“100回生まれ変わっても、教師になりたい!”(笑)。そんなやついねえよ(笑)。」
上田晋也
「それだけの情熱を持ったやつに、先生になって欲しいよね。」
古坂大魔王
「100回後の人生に“教師”って、いないと思うな〜。」


いやいや、上田ちゃんネルといえば、ナンパよりも「女教師ツーウェイ」じゃないですか(笑)。こないだ本屋で見つけて、思わず立ち読みしてしまいました(笑)。

-----------------------------------------------------------------------------------

番組中に女の子をGETせよ!

そのころ浜口さんは、得意ナンパスポット・スーパーマーケットへ!スーパー内に流れる演歌が、なんとも庶民的な雰囲気で(笑)。

浜口亮
#14ナンパ03「すいません、器選んでる所すいません。今日はお忙しいですか?今日はもう忙しいですか?」
女性
「エッ!?」
浜口亮
「今日は忙しいですか?」
女性
「忙しいですよ。」
浜口亮
「ちょっとお見かけして、できればお友達になってもらいたいなと思って。」
女性
「…。」
浜口亮
「あ、そうですか…すいません…。」


「○○選んでるとこスイマセン」デタ━(゜∀゜)━ッ!…けど、話が続かず、小走りで退散してくる浜口さん。やっぱどう考えても怪しいよな〜(苦笑)。

-----------------------------------------------------------------------------------

おしかりCD

おしかりCD第5回の「おにいちゃんCD」に続いて、今回は“妄想ボイスCD第二弾”「おしかりCD」が登場。アマゾンでおしかりCDを検索したら「週刊わたしのおにいちゃん」なんていう物まで出てきましたよ(笑)。すごいな〜萌え産業は。

上田晋也
「“全国の妄想好きの皆様、お待たせ致しました!社長、部長、管理職、先生など、普段叱られない人、偉い人、本当は叱られたくてたまらないM気質なあなたに捧げる、愛のおしかりCD”。」
古坂大魔王
「(爆笑)。」


「おしかりCD」には、萌えな“お叱り”が101パターンも。今回は上田さんがチョイスし、自称“M”な古坂さんが“おしかり度”を評価。

おしかり
「バカにつける薬はないわね」

古坂大魔王
「あ〜、最後の「ないわね〜」が、なんかイイね!」


おしかり
「いいかげんにして あやまりなさい」

上田晋也
「ちょっとおねえちゃん的な立場で。どう?」
古坂大魔王
「あ〜、コレいいな〜。「あやまりなさい」って言われると、謝っちゃわない?このパターン、凄くイイ。」
上田晋也
「お前は絶対にMだよ(笑)。」
古坂大魔王
「最近気づいたの。俺も絶対にSだと思ったの。でも、攻めても攻めても充実感が無いの。オレ結構攻めたんだよ?」
上田晋也
「(笑)。」
古坂大魔王
「一回、攻められてみたんだ。そういう人がいたんだ。速攻だったね。本当…あっ!キタ!電話!!」


* * * * *

ここで、「おしかりCD」ですっかり忘れていた浜口さんから電話が!明らかに出発前よりテンションが下がっている浜口さん(笑)。

浜口亮
「いや〜、軽く四谷歩いてみたいんですけど、この街は人材がいないですね。」

古坂大魔王
「人がいないんだ?」

浜口亮
「そうですね。ちょっとスーパー入ってみまして、「器選んでる所すいません」って言ってみたんですよ。…すごいイヤな顔されましたね。」

上田&古坂
「(爆笑)。」
古坂大魔王
「もう撃沈じゃん!先生!」
上田晋也
「お前、ちょっとヘコんでんじゃねえか。」

ヘコむ浜口亮浜口亮
「…しかも、浜崎あゆみみたいなサングラスしてたんですよ。若いかなと思ったら…たぶん30代中盤でしたね。」

上田晋也
「いや、年齢はいくつでもいいんだけど。」

浜口亮
「ちょっと会話してくれた人もいたんですけど、ちょっと未成年っぽい感じでしたね。」

上田晋也
「じゃあ、引き続き頑張ってよ。」

浜口亮
「そうですね。新宿の方に行ってみようかと思うんですよ。」

上田晋也
「また何か展開あったら教えて。」

浜口亮
「ハイ、分かりました。」


上田晋也
「アイツさ、「いくら失敗してもヘコむな」みたいなこと言っといて、すげ〜ヘコんでない?」
古坂大魔王
「これ…早速、嘘だったんだね。1人に行って、1人に失敗して、あのヘコみ顔だよ?しかも、しまいには悪口言ってんの。「30中盤でした」って(笑)。」


やっぱりナンパする場所が悪かったような…(笑)。

* * * * *

再び、何事もなかったかのように、「おしかりCD」の話題へ(笑)。

おしかり
「無礼者!何をしておろう」

上田晋也
「あのさ、普段こんなやつ絶対いない、現代で(笑)。」
古坂大魔王
「メイド喫茶行けば、こういうやつがいるわけよ(笑)。」
上田晋也
「だからお前、こういうの好きなんだろ?」
古坂大魔王
「「おろう」はヤバイね。「おろう」言われてみ?」


おしかり
「うつけ者!私を誰と心得ておる」

古坂大魔王
「うわ〜、お姫だ(爆笑)。これイイ。すげ〜イイ。」


おしかり
「近寄らないで 汚らわしい」

古坂大魔王
「ダメダメ。」
上田晋也
「これはダメなの?」
古坂大魔王
「何?汚らわしいって。毎日風呂入ってるし。それなりの人とも接してきたよ。」
上田晋也
「何でコレだけ、そんなに真剣に受け止めるの?(笑) その「うつけ者」とかは楽しく受け止めて。」
古坂大魔王
「ズバ抜けてないじゃん。何?「汚らわしい」って。最低じゃない?「臭いよ」とか「汚いね」とか「汚らわしい」…でも、こういうの好きな人もいるのか…いるんだろうな〜。「汚らわしい」なんて言われたら、首突いてやるよ。トーア・カマタみたいに。」
上田晋也
「ブッチャーでいいじゃん。分かりやすい方で(笑)。」


おしかり
「何回言ったら分かるの?猿だってできるわよ これくらい」

古坂大魔王
「…言い方だよね。「猿だって」って言われると、ちょっと冷めちゃうね。」


おしかり
「何日 徹夜すれば気が済むの 体こわしちゃうよ」

上田晋也
「ちょっと思いやりのある。でも、上からみたいな。」
古坂大魔王
「あ〜!今、女性の優しさに飢えてるかもしんない。全然何ともない?こういういの。」
上田晋也
「俺、やっぱりね、Sなんだよ。だから、上から物を言われると、「やかましいわ!」って言いたくなるの。」
古坂大魔王
古坂大魔王がSになる時「それは俺もそうだったの。俺、前に風俗に一回だけ新宿で行ったら、真っ裸の風俗嬢が、裸のままタバコ吸ってんだよ。「クソったれ」っつって(笑)。」
上田晋也
「タイトルマッチ後だよな(笑)。」
古坂大魔王
「で、俺が「何?どうしたの?」って言ったら、「お客さんをとる、とんないでね、喧嘩してたんですよ、店長と。クソったれが。男なんてみんなバカなんですよ」って。俺も「バカじゃねえだろ。どう見てもお前がバカだろ!裸でタバコ吸って、金もらおうとしてんだろ?」って。ガンガン喧嘩だよ。」
上田晋也
「(爆笑)。」
古坂大魔王
「俺もあるの、女の子にそんな言われたくないみたいなのが。だけど、最近Mになってきたっていうはあるのね。」


今回の「おしかりCD」は「おにいちゃんCD」の“100m走の直後”みたいにメチャクチャなのがないので、少々物足りない感じが(笑)。

そして今回の放送時間は終了。浜口さんのナンパに進展がなければ、次回も引き続き「おしかりCD」になるかも?

上田晋也
捕まえるか捕まるか「俺たちさ、後輩のナンパで来週につなげようとしてんだよ?視聴者の人って、「浜口、どうなるんだろう?」って思ってんのかな?(笑) 来週、乞うご期待でございます!」
古坂大魔王
「果たして捕まえるか捕まるか!?」


-----------------------------------------------------------------------------------

番組中に女の子をGETせよ!

女性が少ないと判断した浜口さんは、新宿のナンパスポットへ移動。

浜口亮
#14ナンパ04「すいません、今日は男性の方と待ち合わせですか?」
女性
「違います。」
浜口亮
「あの…(苦笑)。」


次回の上田ちゃんネルあっさり撃沈。ナンパ講座の時の勢いがないぞ!浜口さん(笑)。しかし次回予告では、浜口さんの報告に「すげ〜展開だな!!」と喜ぶ上田さんと古坂さん。ついに女の子GETか?!次回も見逃せません!

mihimalife(期間限定)mihimalife(期間限定)
mihimaru GT、古坂大魔王

ノーボトムの古坂大魔王が「差し入れ」「Finalize」にゲスト参加!3月30日までの期間限定!
詳しくはコチラで。

上田ちゃんネル
テレ朝チャンネル
くりぃむしちゅー OFFICIAL SITE
ノーボトム NEW BUSHIDOU RAVERS
プライムOFFCIAL SITE/浜ロン プロフィール
上田晋也さん大好き!!!
くりぃむぽっと
UN・UN日記
前回:上田ちゃんネル #13
上田ちゃんネル攻略マニュアル「上田と古坂」


この記事へのコメント
初めまして。くりぃむぽっとです。
上田ちゃんネルのご出演、おめでとうございます!
私も、他に紹介されたお友達サイトの方々と、この強運に興奮しています。
それにしても、この書き起こしサイト、本当にスゴイですね!
私も上田ちゃんネルの書き起こしをしていますが、あまりの量の多さに、時間があるときに少しずつ進めています。
これからも、ご一緒に、上田ちゃんネルを応援していけたら、と思います。
もしご迷惑でなければ、私のブログから、こちらへのリンクをはらせていただいてもよろしいでしょうか?
初めてなのに、図々しいお願いで、すみません。よろしくお願いします。
Posted by くりぃむぽっと at 2007年03月16日 07:55
スゴイナー(・∀・)スゴイナー!
何か、こっちまで嬉しくなってしまいましたよ〜ww
しかも、オフィシャル作って欲しいっていうオファーまで!?

おめでとう御座いますv
Posted by ケッコー。 at 2007年03月16日 21:50
くりぃむぽっとさん、はじめまして。

くりぃむぽっとさんもおめでとうございます。
ブログの方はよく拝見させていただいてました。
くりぃむぽっとさんの書き起こしは、とても良くまとめられていて
面白さが伝わるし、読む側に優しい文章になっていると思います。
僕のブログなんかは、ただ量ばかりで全然まとまってないんですよね。
誰がこんな長文読むんだよ、みたいな(苦笑)。
一応、テーマ別に区切ってるので、ピンポイントで
見てもらえればと思ってるんですが…。

くりぃむぽっとさんのリンク、勝手に張らせてもらってました。
すいません。僕のブログはリンクフリーなので、
張っていただけるなら嬉しいです。
今後もお互い上田ちゃんネルを楽しみましょう!
Posted by マック at 2007年03月17日 00:01
ケッコーさん、こんばんは。

ありがとうございます。番組を見ていて、凄く見覚えのある
画面が出てきたので、本当に驚きました(笑)。
「スカパーな日々」ってタイトルを口に出して言ってもらったのって、
上田さんが初めてかもしれません。

オフィシャルを作らせてもらうなんて、僕程度の技量では
失礼だし恐れ多いので…(苦笑)。
自分の記事のまとめページは近々作ろうと思ってます。
Posted by マック at 2007年03月17日 00:10
え゛ーーーーーーーーーーーーーっ!?
私のサイト、見ていただいてたんですか!?びっくりです。すごく恥ずかしいですが、嬉しいです!どうもありがとうございます!
でも…私なんて、ただ上田さん好きでやってるだけなので、とても、こちらのサイトとは比べ物になりません…。(--i
ぜひ、こちらのサイトに、リンクを張らせていただきたいと思います!(^^)
これからも遊びに来ます。よろしくお願いします。
Posted by くりぃむぽっと at 2007年03月17日 00:23
くりぃむぽっとさん、こんばんは。
こんなオタクブログのリンクを張ってくださって
ありがとうございました。
僕もちょくちょく遊びに行きますので、
どうぞよろしくお願いします。
Posted by マック at 2007年03月17日 19:55

 初めまして!

 『上田晋也さん大好き!!!』に名前を
 改名しました。ついんです。
 
 いつもこちらのブログには来させていただいて
 いました。
 今回私のブログ紹介も書き起こし
 していただいてとても感謝いたしております。
 
 相互リンクをお願いしたいです。
 これからもよろしくお願いします。
   
Posted by ついん at 2007年03月18日 13:29
ついんさん、はじめまして。

>いつもこちらのブログには来させていただいていました。

ありがとうございます!
僕もついんさんの「上田晋也さん大好き」は、
楽しく拝見させていただいてました。
本当に上田さんへの愛情がひしひしと伝わってくるような
ブログですね。

こちらこそ書き起こしとリンクを張らせていただいてました。
ありがとうございます。
今後もどうぞよろしくお願いします。
Posted by マック at 2007年03月18日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36065481

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。