2007年01月06日
サイコロまかせ!桃鉄の旅ch277「旅チャンネル」で、“いい旅 さくま気分”サイコロまかせ!桃鉄の旅 #2見ました。超人気ゲーム「桃太郎電鉄」をベースに、リアルに電車で桃鉄をやってみようという企画なんですが、基本的にルールはさくまあきら先生。前回のお土産対決でも、さくま先生の独断と偏見でテツが勝利し、負けたトモには貧乏神が…。

※詳しいルール等は、前回参照。

仙台→五所川原現在地の仙台からゴールの函館までは最短で9駅。今回もトモが進行系カードを引き「のぞみカード=サイコロ5個」、続いてサイコロをふり「出た目の合計16=16駅」進める事に。さくま先生のナビゲートにより、今回の行き先は「五所川原駅」に決定!しかし、「今(の時間)から行くと単線なので大変」という事で、特別に1つ前の青森駅で下車し、先生イチオシの「青森ワシントンホテル」で一泊する事に。
テツ&トモ
「何てったって、この番組は“いい旅、さくま気分”!」


翌朝、五所川原駅に到着。アシスタントの成田志織さんは青森出身ですが、青森弁のイントネーションで「五所川原ではないの」だそうで。確か地元ではバイトで回転寿司に霧吹きしてたんですよね(笑)。さくま先生、実は去年から五所川原がマイブームだったとか。
さくまあきら
「去年からマイブームで10回ぐらい来てんの。すっかり詳しくなりましたよ。不動産屋なんかも見てますから。」


-----------------------------------------------------------------------------------

十三湖

対決の前にテツandトモを引き連れ、先生お気に入りのお店へ。向かった先は、青森県津軽半島北西部にある十三湖。
さくまあきら
「僕が青森来るとね、こっそり時間作っちゃ来るとこなんです、ここは。」


民宿ドライブイン和歌山
五所川原市羽黒崎133-22
十三湖の湖畔にたたずむ民宿ドライブイン和歌山。

しじみラーメン ¥700

さくま先生絶賛のしじみラーメン。しじみと言えば味噌汁のイメージが強いですが…。

トモ
しじみラーメン「しじみのエキスが凄い出てますね!」
さくまあきら
「青森はちぢれ麺が多くてね。僕はちぢれ麺が大好きなんですよ。」
テツ
「しじみの旨味が“しじみ”渡りますね。昨日のアルコールが分解されていく感じ…。感想を成田さんは青森弁でお願いします。」
成田志織
「初めて食べたんですけど、わぃやウマ。」


-----------------------------------------------------------------------------------

お腹も満たされたところで本編のお土産対決へ。現在の軍資金は、テツが11955円トモが8803円。トモには貧乏神がついているので、テツが貧乏神カードを引く事に。引いたカードは…。

2倍カード
プレイヤーが購入したお土産と同じ物をこっそりと貧乏神が購入していく(結局2倍のお金がかかる)。しかも貧乏神が購入した金額は、勝利しても反映されない。」
今回、テツandトモがお土産を探すのは、実際に使われた立倭武多(たちねぷた)が展示されているという「立倭武多の館」。

貧乏神トモは、さくま先生が大好物だというイカ製品を中心に物色。貧乏神はトモに気づかれないように、同じ物をもう一つ買ってます(笑)。

お母さんたちとテツは、珍しい「赤いリンゴジュース」があるという情報を聞きつけ、ジャージの色と一緒と大はしゃぎ。その後も店員のお母さん達を味方に引き入れ、コソコソと情報収集(笑)。

-----------------------------------------------------------------------------------

その頃さくま先生一行は、さくま先生が五所川原で最もお気に入りというお店へ。

あげたいの店(みわや)
五所川原市上平井町99
店名にもある「あげたい」とは、揚げた鯛焼きのこと。

あげたい ¥100(税込)

さくまあきら
あげたい「普通、家庭でやるともっと真っ黒になっちゃうでしょ?黒くないんですよ。この揚げ方には何か秘密があるよね。本当は覚えて帰りたいんだけど、教えてもらえないんですねえ。」
成田志織
「美味しい〜♪」
さくまあきら
「美味しくて、凄く懐かしい感じがするでしょ?これが何とも言えないね。僅か100円でございます。今時、100円でこんなに美味しい物ないよね…って、言ってから自分でビックリしちゃったなぁ(笑)。」


普通の鯛焼きでも美味しいのに、それをさらに揚げてしまったという。普通の鯛焼きとそんなに値段も変わらなくていいですよね。

-----------------------------------------------------------------------------------

本日の結果発表。果たしてテツandトモの二人は、さくま先生が満足するお土産を買ってくる事が出来たのでしょうか?ちなみにトモは、貧乏神のおかげで1087円自腹をきってます(笑)。

テツのお土産

キーホルダーキーホルダー
「いやらしい意味じゃないです」とお孫さんへのお土産を(笑)。

赤〜いりんごジュース赤〜いりんごジュース
五所川原特産品の中身の赤いリンゴを使って作られたジュース。

干し餅干し餅
津軽産純もち100%。そのままでも良し、揚げても良しの逸品。

ねぷたTシャツ炎Tシャツ
土居さんにもお土産を購入してくるも、サイズ(S)が合わず逆効果に。

* * * * *

トモのお土産

トモ
「えーとですねえ…僕は“2倍カード”というのを引いてたんですね。だから、見て下さい、この量!」


生干し焼きいか生干し焼きいか
炭火でていねいに焼き上げた生干し焼きいか。

さくまあきら
「これは…。僕が五所川原の立倭武多の館で、必ず買って帰るのは、コレです!」
トモ
「うわっ!やった!」


テッテケテッテッテー♪いきなり“さくま気分”により、今回の勝者はトモとなりました。番組の段取り無視しすぎ(笑)。他にも以下の物を購入。2倍じゃなくても、ちょっと買いすぎじゃないですか?(笑)

干し餅
干し餅バター焼き
ほたて塩焼
梅漬
つくね芋まんじゅう
清酒(津軽三味線)
赤〜いリンゴジャム
赤〜いりんごジュース


結構、テツと被ってましたね。「数打ちゃ当たる」作戦って感じだったのでしょうか。

成田志織
「申し訳ないんですが、勝者には2倍の金額が返ってくるっていう事だったんですけれども、貧乏神がついているので、このお金は返ってこないんですよ。」


#2 トモ#2 テツ

貧乏神が購入した分は、対決に勝っても返却されず。自腹の分は戻ってきたものの、軍資金は対決の前と変わらず。その結果、テツを抜かしトモが765円のリード。
もちろん貧乏神はテツのもとへ(笑)。

北海道に住む僕にとっては、北上するにつれてプチ旅行しやすそうな名所が次々と紹介されていくので、とても参考になります。今回の中では、あげたいと赤〜いリンゴジュースが気になります。

-----------------------------------------------------------------------------------

次は弘前現在地の五所川原からゴールの函館までは最短で9駅。トモがまず進行系カードを引き「急行カード=サイコロ2個」、続いてサイコロをふり「出た目の合計8=8駅」進める事に。8駅で川倉という所まで進めるそうですが、そこは無人駅な上、その先進んでも函館には到着できない、という事で路線変更。次の到着駅は弘前駅に決定!

桃鉄立倭武多番組の最後に紹介されたのは、立倭武多の館にある「桃鉄立倭武多」!しかもかなりデカイ!!2006年の立倭武多祭りに参加するのに、1年がかりで作ったそうですよ。これ見に行きたいな〜。
さくまあきら
「これで毎月来てたんですよ。仕事半分、食べ半分…(笑)。」


桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻桃太郎電鉄16
北海道大移動の巻

PS2 ハドソン
な、なんと北海道が南へ移動した?!

サイコロまかせ!桃鉄の旅
旅チャンネル
桃太郎電鉄 公式サイト
さくまあきらのホームページ
テツandトモ Official Home Page
Shiori N 〜成田志織の気まぐれライフ〜
さくまあきらの桃伝&桃鉄大解剖!

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30955739

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。