2010年05月04日
■24時間ぐらいTVが無事に終わって…?

上田晋也
「おかげ様で一昨日ですか、「上田ちゃんネル 24時間ぐらいTV」が終わりました!(#85は4月20日放送)」
古坂大魔王
「まだ眠いですよ。あれからずーっと寝て今なのに、まだ眠い。身長が6cm伸びましたよ。」
上田晋也
「なんで?」
古坂大魔王
「なんで…?身長がアレをやったおかげで!あの番組のあのコーナーで!」
上田晋也
「どの?」
古坂大魔王
「どの…?あのコーナーをがっちりやったおかげで、身長が6cm伸びて、2コ年をとりました!」
上田晋也
「大変だったな。色々変わったんだな、24時間でな。」
古坂大魔王
「無茶だよな(笑)。」
上田晋也
「実は「24時間ぐらいテレビ」、まだ1ヶ月ぐらい先の話なんですよ(#85は3月19日収録)。」


24時間ぐらいテレビ2010(4月17日〜18日)お疲れ様でした^^

古坂大魔王
「まだ(ハマオウの)ネタも作ってないから。」
上田晋也
「どうなったんでしょうかね、24時間ぐらいテレビ。次回は24時間ぐらいテレビのお話とか反省会とかできるわね。だから、今日はローテーションの谷間だと思ってください。」
一同
「(笑)。」
上田晋也
「まあ、いつもローテーションの谷間みたいな番組なんだけどね(笑)。」
古坂大魔王
「ずーっと谷底ですからね(笑)。」
上田晋也
「ローテーションの柱あったのかな?今まで(笑)。」
古坂大魔王
「前回は、面白かったし、楽しかったし、感動もしたし、歌も出来たしね。」
上田晋也
「今回は、徹底的にくだらない24時間にしたいね。」
古坂大魔王
「いいねえ。だからテーマは、何度も言うけど「前回を下回ろう」。下回れたのかな〜。」
上田晋也
「今日はどうする?「24時間ぐらいテレビ」への抱負でも語る?」
古坂大魔王
「観終わった人が…(笑)。」
上田晋也
「何の放送なんだよ(笑)。」
古坂大魔王
「ちょっと軽く予想する?例えばその日、上田さんすげぇ調子悪くて、声あんまり出てないとか。」
上田晋也
「その可能性あるかもしんない。ちょっとキツイんだよ、今回の24時間。」
古坂大魔王
「24時間じゃないよね。もう40時間ぐらい、ずーっと続くんじゃない?」
上田晋也
「へたすると、それ近く続くかもしんない。」
古坂大魔王
「これは相当厳しいから。だから、本番前と本番後でさ、シワがどんくらい増えたかとか…(笑)。」
上田晋也
「それこそ本当に、俺と金玉を並べて、どっちがオレでしょう?みたいなさ。バレない自信があるわ。」
一同
「(爆笑)。」
古坂大魔王
「コンピューターが「同一人物です」って(笑)。」


* * * * *

■女の子のかわいい仕草で1時間!

今回の企画は、かなり久々となるベスト10企画「女の子のかわいい仕草ベスト10」。ボクシングの重量級ベスト10を除けば、前回の「24時間ぐらいTV」でやった「映画名場面ベスト10」以来になるようです。

古坂大魔王
「最近思うんだけど、やっぱさ、女ってかわいい。これはしょうがない。」
浜ロン
「まあね。」
上田晋也
「かわいいよ。今頃言うことじゃないけどね。」
古坂大魔王
「もちろん今まで恋愛もしたし、結婚寸前までも2回ぐらいいった。そういうのもあって、女っていうのをわかったつもりでいた。なんだけど、ふと考えた。今日、電車で来てね、目の前の人がメイクとかしてたのよ。「うわ、最悪」と思って。最悪っていうより相当低いところから始まったでしょ。」
上田晋也
「うん。」
古坂大魔王
「そういう奴が、おばあちゃんが来たらメイクしてたのやめて譲ったの。」
上田晋也
「いいねえ。やり方うまいな、その子な。」
古坂大魔王
「下から入っていくから。」
上田晋也
「財布無くしたところから入ってるからな。戻ってきただけでスゲェ嬉しいみたいなな。」
古坂大魔王
「「どうぞ」って言ってやめて。その時にもうメイクは完成だったのね。」
上田晋也
「へ?」
古坂大魔王
「だから、メイク全然途中よ?変な話、顔半分しかメイクしてなかった、あしゅら男爵みたいに。でも、そいつが「どうぞ」って言った瞬間に、もうメイクは完成してたの。」
上田晋也
「なるほどなるほど。」
古坂大魔王
「あれを見て「かわいい」って思ったの。女の子の「かわいくしたい」+「やさしくしたい」っていう両方。女の子のかわいい仕草選手権。」


アヒル口

古坂大魔王
「今さらだけど、やっぱね「アヒル口」。」
上田晋也
「アヒル口、誰が一番上手いかやろうぜ。」
浜ロン
「何それ(笑)。」
上田晋也
「ココだけ隠してね。」



浜ロン
「これ、誰が判定するんですか?(笑)」
上田晋也
「頭悪りぃよな(笑)。」
古坂大魔王
「これさ、一回(一人ずつ)見てみない?」



桐畑トール
「そこそこ良いんじゃないですか?ダメですか?」
浜ロン
「良い悪いじゃないんだよなぁ(笑)。」
古坂大魔王
「何かアヒルじゃないんだよな。」



一同
「(爆笑)。」
浜ロン
「上田さん申し訳ない。肛門!(笑)」
上田晋也
「(爆笑)。マジで?俺マジでスゲェ自分の中で出来てる…。」
古坂大魔王
「全然違う(笑)。全くアヒルじゃなかったよ。」
上田晋也
「最悪じゃん、顔面金玉で口肛門って。」
一同
「(爆笑)。」
浜ロン
「下半晋也(笑)。」
上田晋也
「くだらねぇ(笑)。」



桐畑トール
「お〜。」
浜ロン
「なるほど、そういう…。」
上田晋也
「…(笑)。」



上田晋也
「これ全然違うわ。」
古坂大魔王
「汚いな。」
上田晋也
「お前何か、ウルトラマンのゾフィーみたいな感じ。」
浜ロン
「ウルトラマンとゾフィーって、そんなに違います?(笑)」
上田晋也
「お前から見たら誰が良かった?」
浜ロン
「古坂さんじゃないですか?」
桐畑トール
「確かにアヒルというと。」


上田ちゃんネルデスク 徳本紗登子さん

上田晋也
「馬鹿にしてんのか!」
徳本紗登子さん
「(笑)。」
古坂大魔王
「何か汚いよ?(笑)」
上田晋也
「汚いってことはないだろ(笑)。」
古坂大魔王
「元々かわいい顔してるから。」
徳本紗登子さん
「(アヒル口)」
浜ロン
「アレだ!アレだ!」
上田晋也
「確かに守ってあげたくなる口ではあるか。」
古坂大魔王
「かわいい。」


記念写真でおすまし顔

上田晋也
「よく記念写真とか撮る時とかにさ、こう瞳孔開く奴いるじゃんか。」
古坂大魔王
「おすまし顔って事?」
浜ロン
「それ、嫌い(笑)。」


髪の毛を括る仕草(ポニーテール)

上田晋也
「女性が髪をこうやって…。」
桐畑トール
「それは1位だと思いますよ。」
古坂大魔王
「確かにね。」
上田晋也
「ポニーテール最強だよな。」


髪の毛を耳にかける仕草

古坂大魔王
「これと一緒?髪を耳にかける。」
浜ロン
「ああ、それもいいですね!」
古坂大魔王
「これ好きなの。俺は付き合ったりすると、必ず一回位はチューする前に、こう(片耳かけ)するのを見てからするの。」


歯ブラシしながら喋る

古坂大魔王
「歯ブラシしてて「パンツどこだっけ?」って言ったら「ハンフノナハ(タンスの中)」。」
上田晋也
「(笑)。」
古坂大魔王
「歯ブラシしながら喋る。女の子ってこう(歯出して磨く)やんないじゃん。」
桐畑トール
「上田さんも開けないですよね、歯磨きね。ウロウロしながら、居間に出てくる。泡一切落とさない。」
古坂大魔王
「どういう事?」
上田晋也
「洗面台で歯ブラシ付けて、リビングのほう行ってテレビ観ながらとかやるから。」
桐畑トール
「あれ見て凄いなと思って。真似したけど、全然落ちるんですよ。」
上田晋也
「あれかわいいよな、オレな。」
古坂大魔王
「肛門を…(笑)。」
浜ロン
「腸内洗浄だよ(笑)。」
上田晋也
「お前、失礼なこと言うな!(笑)」


怒りながらも世話してくれる

古坂大魔王
「(投げてあるシャツを)「もう!」って。怒りながらも世話してくれる。「もう!」が好き。」
桐畑トール
「わかりますわかります。」


腕まくり

桐畑トール
「ちょっと自分の部屋が汚いところに来て、「もう!」って言って掃除を怒りながらもしてくれる時に、腕をまくる瞬間。」
古坂大魔王
「腕まくりもいいね!」
浜ロン
「そうか、これ同棲したことがあるって事なんですね。」
古坂大魔王
「でも、(上田は)奥さんいるぜ?上田さんの奥さんは、いつもハチミツを…(セクシーにかぶる)。」
上田晋也
「…(笑)。」
古坂大魔王
「一回行った時は、上からぶら下がって、頭に墨汁塗って「寅」って書いてたからね。」
浜ロン
「かわいいなぁ。」
古坂大魔王
「子供、横で真っ黒。」


サイズの大きな白いYシャツ

上田晋也
「実際見た事はないけど、女の子がさ、ヒザ上ぐらいまでの白Yシャツを…。」
浜ロン
「デカイやつね!」
古坂大魔王
「あるでしょ?」
上田晋也
「見たことないけど、ああいうのはテレビとかで見てると「いいな」とは思うけどね。」
古坂大魔王
「あれって、やってって言ってやったらコスプレだから興奮しないじゃない。でも、家にいて「借りちゃった」っていうバージョンを見たときは、オレ本当に買ってきたコンビニのおかず落としたからね。かわいい!っていう。」


長袖で手を半分隠す

古坂大魔王
「(手を半分、袖に隠して)これとかね。」
上田晋也
「これいいな!ドカベンの犬神状態だろ!?」
古坂大魔王
「…(笑)。」
上田晋也
「犬神かわいいな!」


体育座り

上田晋也
「体育座りがナンバー1だね。」
古坂大魔王
「どういう事?体育座りをどう見るの?」
上田晋也
「こうやって上目遣いとかでさ。俺が立ってて、そうやって見られると、「もうこの子はオレが守んなきゃダメなんだ」と思っちゃうんだよ。そのへんの路上で座ってるやつでも守りたいぐらいだからね。」
桐畑トール
「(笑)。」
古坂大魔王
「あまりシチュエーション的に、上田さんが立って女の子がこう(体育座りで上目遣い)やってるって、それ虐待してない?「動いちゃダメなんですか?」っていう。」
浜ロン
「もしくは人質か(笑)。」
上田晋也
「もう体育座りだけの写真集出してほしいもんね。俺、絶対買うわ。」
古坂大魔王
「ありそうだけどね(笑)。」
上田晋也
「別にブルマとかじゃないのよ。別にジーンズだろうが全然いい。」
 

弓道

古坂大魔王
「弓道やってる子が好きなの。」
浜ロン
「凛としてる感じのね。」
上田晋也
「いいね。「アイコ十六歳」もよかったよ。アーチェリーじゃダメなんだよ。」
浜ロン
「あれはポニーテール多いんじゃないですか?」
上田晋也
「そうだね。だから良いのか。吹き矢とかでもダメなんだよね。」
桐畑トール
「(笑)。」


スポーツする女の子

上田晋也
「スポーツで言うとさ、例えば、女子バレーの選手がアタックをしたあとに後ろでサインを出してる…。」
古坂大魔王
「それかわいい!素晴らしいわ!」
上田晋也
「いや、俺これ褒められるとは思わなかった(笑)。」
浜ロン
「尻が突き出しますからね、あのときはね。」
古坂大魔王
「そういう肉感的なものじゃないんだけどね、俺は。さっきまでガッてやってるくせに、(サインを出す仕草)こういうのはちょっと女の子っぽいじゃん。」
上田晋也
「例えば、女の子とキャッチボールするときとかさ、いわゆる“女投げ”っていうのは?別にピンとこない?」
桐畑トール
「投げる時より、必死に受け取る時の方がかわいいと思いますね。」
上田晋也
「ああ、それいいな!」


小首を傾げる

上田晋也
「何かこういうさ、小首を傾げるのは?」
古坂大魔王
「実像が上田さんだから、なかなか…。」
桐畑トール
「イメージに辿り着けないんですよ。」
上田晋也
「あのさ、女の子でさ…。」
古坂大魔王
「すげぇしゃべるね(笑)。」
浜ロン
「止まんねぇな〜と思って(笑)。」
上田晋也
「(笑)。」


揺れる子

上田晋也
「まだ付き合ってないんだけれども、何回かデートしてお互いにちょっと気持ちがあるぐらいの設定の時にさ、ちょっとキスでもしようかなみたいな空気になる時が仮に。で、いよいよキスなんだっていう時にさ、ちょっと揺れる子いない?」
浜ロン
「赤べこみたいな?(笑)」
桐畑トール
「(笑)。」
古坂大魔王
「ウチのおばあちゃんも晩年は揺れてたよ。」
上田晋也
「そういう事じゃないんだよ(笑)。かわいく見せたいんだろうけども、何かこう…何か…わかんない?揺れる子!」
浜ロン
「揺れる子…話変わってきてますよ(笑)。」
古坂大魔王
「見れば絶対「ああ!」って言う。アイドルとかはよくやる。」
上田晋也
「な!?アイドルの子とかでも、何か「撮るよ〜」ってなった時に、何かこう…揺れる子。」


鼻と唇の間にエンピツを挟む

古坂大魔王
「これは?」
上田晋也
「学生時代だったらな〜。」
浜ロン
「実際に見た事ってあります?この人。マンガでしか見た事ないです、それは。ドラマとか。」
桐畑トール
「確かに。」
古坂大魔王
「富田靖子とかやってた感じがするでしょ。」
浜ロン
「ああ、やってた!やってた!知らないけどやってた!」
上田晋也
「やってたと思うよ。俺も富田靖子が好きだから。」


ヘルメットを脱いだ時のロン毛

上田晋也
「あれは?いわゆる、メット脱いでの…。」
浜ロン
「それは定番ですね。」
上田晋也
「「サーキットの狼」とかに出てきてさ。」
古坂大魔王
「俺バイク乗ってたら、細い人がいて、ブーツも細いブーツで髪長くて。メット取ったらサラッと髪が長いの、キャップにロン毛で。「すげぇ!」と思って。キャップ取ったら全然ハゲで。ヒゲ生えたハルク・ホーガンみたいなやつ。」
浜ロン
「(笑)。」
古坂大魔王
「それでもキュンとしたからね一瞬、後姿に。」


「うまっ」とかわいく言う

古坂大魔王
「「おいしい」って言わない。「うまっ!」。」
上田晋也
「俺ないわ。」
古坂大魔王
「かわいく「うまっ!」よ?」
浜ロン
「全然わかんない(笑)。」
上田晋也
「マイナスだな、それ。」
古坂大魔王
「うま?牛?馬?」
上田晋也
「肉の種類聞いただけだよ(笑)。」


苦言を呈する

古坂大魔王
「ボーイッシュが好きなのよ。だから、(1本指立てて)こういうやつとか。」
浜ロン
「???」
古坂大魔王
「「苦言を呈する!」。」
上田晋也
「うわぁ、最悪だよ(笑)。オレ絶対嫌だ。オレそいつとは会話できんわ。」


物を拾った時の手首の反り方

浜ロン
「タイトなスカートで、こう手首反ってる…。」
上田晋也
「ああ、反ってほしい、手首は。」
桐畑トール
「反ってほしい…?(笑)」
上田晋也
「これで形状記憶してほしいよな。」


口紅を塗った後の「パッパッ」

上田晋也
「口紅塗って…。」
浜ロン
「上田さん、基本トカゲみたいなんです(笑)。」
古坂大魔王
「かわいくないの。かわいくしてよ(笑)。」


すぐカバンからグミ出して食べる人

古坂大魔王
「なんかあると、すぐカバンからグミ食うやつ。」
上田晋也
「ただの食いしん坊だろ(笑)。」
古坂大魔王
「「何やったの?今」「(グミ食べたのに)ううん」。」
上田晋也
「全然理解できねぇ(笑)。堂々と食えよ。こっそり加減が嫌だ。」
浜ロン
「います?そんな人(笑)。」


確実に意識している

上田晋也
「学校のクラスでさ、例えば、俺が女の子だとしてお前の事が好きで、お前も(こっちを)好きなのよ。でも、気持ちの確認はしてない。でも、俺がディレクターと話す時に、確実に「お前、俺を意識してるだろ」的なニオイ。」
浜ロン
「ああ、あるあるある!」
上田晋也
「「え、うん、そうなんだ」…っていう(ディレクターの方を向いてる)この顔を、こっちに見せてるだろ的な。あれ何なんだろ。こっちを見てはいないんだけど、確実にオレの脳に何か送るっていうかさ。」
浜ロン
「あれはこっちが考えすぎなんですか?「送ってるぜコイツ」っていう。」
上田晋也
「いや、あれ送ってるぜ。だって、自分も送る時あるだろ?好きな女の子がいるとして、古坂としゃべる時「そうなんだ。でもさぁ…」って言いながら、「(古坂の先にいる)お前にこの話届けてんだよ」的なさ。」
浜ロン
「やるんだ(笑)。」


バス停で一人で待ってる女学生

桐畑トール
「バス停にセーラー服で一人で待ってる女の子。」
古坂大魔王
「その時、カバンは前でしょ?」
桐畑トール
「そう!前に持って、ずっと待ってる。」
古坂大魔王
「(両手で持つ)これがかわいい。」
桐畑トール
「好きな子がそういう状況だったのかもしれないですけど。」
浜ロン
「昔のドラマっぽいな。」


ドジっ子

古坂大魔王
「今日の当番で、数学の道具を超いっぱい(重ねて持って)「あ〜」。」
浜ロン
「4冊以上見た事ない(笑)。」
上田晋也
「マンガで見たシチュエーションだけで言ってるんだよ(笑)。」
古坂大魔王
「なんだろ、すげぇかわいいんだけどなぁ。」
上田晋也
「かわいいかもしんないけどさ。」
古坂大魔王
「ドジッ子かわいくない?ドジッ子。」
桐畑トール
「かわいいですよ、ドジな子は。」


チュッパチャップス

古坂大魔王
「チュッパチャップスをなめてる子。で、帽子をちょっと斜めにかぶって。」
浜ロン
「スカジャンみたいな感じ?」
古坂大魔王
「アメリカ帰り。」
上田晋也
「ないな〜。」
古坂大魔王
「で、何かちょっとこう…(ヤンキー座りっぽく)。」
浜ロン
「それ、自分もないんじゃないですか?」
古坂大魔王
「(チュッパチャップスを)取ったあと、(ツバを)ペッ!」
上田晋也
「ちょっと聞くけども、男だろ?(笑)。」


オーバーオール

古坂大魔王
「オーバーオール、サロペットみたいなオーバーオール短い系の中に手を入れて「おう、いいよ」。」
上田晋也
「オレ、お前と絶対趣味合わんわ(笑)。」
古坂大魔王
「「タッチ」でいう新田くんの妹も好きなの。」
上田晋也
「ああ、オレはあそこまでいくとトゥーマッチだな、オテンバぶりが。」
古坂大魔王
「ちょっと泥で汚れて、車の下に足だけ見えてんの。で、「すいません」って言ったら、レンチ持って「(顔出して)はい?」。」
浜ロン
「整備工?(笑)」
上田晋也
「それは別に俺も嫌いじゃないよ(笑)。それは全然いいけど、「タッチ」の新田くんの妹とかはちょっと行き過ぎだな。」
桐畑トール
「南ちゃんの方がいいですよね。」
浜ロン
「まあ、南ちゃんの方でしょうね。」
上田晋也
「やっぱ南ちゃんだよな。」
浜ロン
「わかるはわかるんですよ。それはきっと、ちゃんと女の子の気持ちを心の中で持ってるっていう願望があるんですよね。」
古坂大魔王
「本当にオテンバじゃなくて。キョンキョンよ、キョンキョン。」
上田晋也
「キョンキョンはいいんだけどさ。キョンキョンは似合うんだよな。キョンキョンは最強だけど。」


女なのに「ボク」

古坂大魔王
「「ボク」っていうのも好きなんだよな。」
上田晋也
「いやぁ、ダメだなぁ。」
古坂大魔王
「「お前、僕なんて普段言わねえだろ」っていうもありきよ。」
桐畑トール
「(笑)。」
古坂大魔王
「「僕、ラーメン」「じゃ、僕もラーメンかな」「じゃ、僕も」「僕ってお前、女でさ…」っていう時、俺もうキュンキュンよ。」
上田晋也
「(笑)。どこに感じるの?そのやり取りの。」
古坂大魔王
「わかりづらいかもしんないね。何かあるとすぐかわいいと思うから。ジャンケンしてかわいいと思うの。ジャンケンでチョキ(の指)が離れてなかったりすると。チョキが小っちゃい子もいいの。あと大きい子もいるじゃん。通常のチョキでくると「こいつストレートだな」と思うの。何かチョキがデッカイと…。」
浜ロン
「ちょっとオテンバですね、そのチョキね。」
上田晋也
「やっぱジャンケンとかでも手首は(反らせて)こっちだよな。形状記憶してほしいよな。」
古坂大魔王
「オカマ、オカマだよ!」
上田晋也
「確かにIKKOさんとかはるな愛とか、こうやってるもんな(笑)。」


上戸彩さんとか鈴木亜美さんとかアヒル口がチャームポイントの女性芸能人は沢山いますけど、僕はやっぱり田中美保さんがアヒル口最強だと思います。

古坂大魔王
「これ、どうする?」
上田晋也
「これ順位決めるの面倒くせえな。」
浜ロン
「まさかの…?(笑)」
上田晋也
「順位ええわ。」
浜ロン
「でっかく1個書きます?」
古坂大魔王
「「女」って書いてよ、「女はかわいいんだ」で。」
上田晋也
「どんな締めだよ(笑)。」


まさかの企画放棄!確かに好みの問題もありますからランクは付けられないかもしれませんね(笑)。この後もメンバーの皆さんは「低反発でも高反発でもない女性の柔らかさ」とか「女性の二の腕の柔らかさは神の割合」、「(もしメンバーがガッキーや仲間由紀恵と付き合ってたら)ちょっとずつ疎遠になると思う」、「くやしいからブログ荒らすわ、きっと」などなど、好き放題言っておりました(笑)。

-----------------------------------------------------------------------------------

古坂大魔王お笑い単独ライブ
いいえ!昔からメンドクサイ男です!


古坂大魔王お笑い単独ライブ「いいえ!昔からメンドクサイ男です!」が、早くもDVDトースターで登場!どうしても観たいと思っていた僕は迷わず購入!下記の収録内容を見てもわかる通り、上田ちゃんネルのファンなら思わずニヤリとしてしまうようなネタばかりなので、上田ちゃんネルにハマってる方々なら絶対に満足できる内容だと思います。僕は怖そうな話とコサカメラが特に好きです(笑)。

▽収録内容
 テクノ体操
 怖そうな話
 母乳飛ばし選手権 第3位
 じゃねいかな
 信じてくんねぇ
 母乳飛ばし選手権 第2位
 コサカメラ
 母乳飛ばし選手権 第1位
 蔵四苦亭指揮之助


DVDトースターでの購入は初体験だったんですけど、PC環境の確認などもしてくれるので安心して購入することができました。ダウンロードにかかる時間が長めなので、夜寝る前にセットして朝起きたら終了してるみたいな焼き方がおすすめです。くわしくはコチラで!

* * * * *

■上田ちゃんネル 待望のDVD化!!

上田ちゃんネル Vol.1 [DVD]上田ちゃんネル Vol.1
笑いと拳の新世界基準!!「上田ちゃんネル」待望のDVD化!初期放送分(CSテレ朝チャンネル 2006年8月8日〜2007年1月30日放送)から厳選されたトークと、上田自身が企画構成した、世界に通用するボクシング技術講座を収録!!(内容紹介より)
本編109分+特典映像41分。
スカパーな日々的満足度 ☆☆☆☆☆

* * * * *

テレ朝チャンネル
上田ちゃんネル
くりぃむしちゅーオフィシャル(ナチュラルエイト公式)
古坂大魔王のブログンだい魔くん!
浜ロン ファミレストーク
ほたるゲンジ 桐畑トールオフィシャルブログ「野生時代」
前回:上田ちゃんネル #84
上田ちゃんネル攻略マニュアル「上田と古坂」

 
この記事へのコメント
無料衛星放送チューナーsatella1で、世界中のスポーツ、テレビ番組、ニュースチャンネルを視聴しよう! 衛星チューナーサテラ1を使えば、スポーツ、映画、テレビ番組、ニュースチャンネルなどを含む無料の海外衛星放送テレビを自由に視聴することができる。

という サテラ1?ステラ1?を買おうか検討中なのですが、海外の衛星を無料で受信
できるということすら知りませんでした。どなたか買った方いらっしゃいますか?

http://takumiworld.jp

また、使い勝手は良いですか?特別な衛星に関する知識はいりますか?

また調べているうちに改造をされた!とかありますが、改造すれば何が見れるのですか?販売店に聞いても、教えてくれません。FTAチューナーについてどなたか教えて!
Posted by BB at 2010年12月02日 22:55
サテラ1の改造方法がわかる動画を見つけたのでご報告。

http://www.dailymotion.com/video/xiaq8k_yyyyyyyyyyyyysatella1_fun#from=embed&start=1

使い勝手良いです。
Posted by pri at 2011年05月01日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148736418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。