2006年01月23日
ch309「G+ SPORTS & NEWS」で「NOAH 日本武道館SP」を見ました。「The First Navigation ’06」最終戦・武道館大会より、特に注目した試合を…。

小橋建太&泉田純至 vs 力皇猛&曙
まず注目は小橋vs曙。小橋のコーナーでのマシンガン逆水平チョップでは、耐え切れない曙が崩れていき、胸板ではなく頭にチョップを食らって朦朧とするシーンも…。それには客席からも笑いが…(苦笑)。角界では曙より先輩という泉田。曙の強烈な張り手に対し、得意の頭突きで応戦し見せ場を作る。しかし最後は、曙がセカンドロープ、力皇がトップロープに登り、土俵入り肉弾“ドッキング”プレスで、泉田を圧殺!ホントに物凄い迫力!力皇&曙の“同期”コンビ、息が合ってて想像していた以上に良かったです。

GHCジュニアヘビー級選手権試合
(王者)KENTA vs 丸藤正道(挑戦者)

タッグパートナーの影響もあるのか、柴田っぽいスタイルの蹴りを多用するKENTA。それに対し、高速タックル→マウントパンチの格闘スタイルで引き出しの多さを見せつける丸藤。中盤から終盤にかけてはジャーマン、タイガー、クロスアームなどのスープレックス合戦、丸藤の場外への断崖式不知火や垂直落下式の魔神風車、KENTAの雪崩式フィッシャーマンズバスターと、ハイレベルな攻防にホント目が離せない。最後はKENTAがGO2スリープ〜ヒザ蹴り連発で3カウント。KENTAが王座防衛!2006年早々スゴイ試合を見てしまいました。これは早くも今年のベストバウト候補ですよ!しかもKENTAはジュニアを守りつつヘビー級への挑戦も視野に入れているとか。ホントNOAHは期待を裏切らない。そう思える一戦でした。

GHCヘビー級選手権試合
(王者)田上明 vs 秋山準(挑戦者)

秋山がジャンピングニー連発で田上を下し、3年9ヵ月ぶりのタイトル獲得。僕は田上の長期政権を期待してたのでちょっと残念でしたが、「ベルトを持ってる間、この体はどうなってもいいと思ってるんで」、「小橋建太を倒すまでベルトは巻かない」という心意気が素晴らしい、秋山のこれからの活躍に期待したいです。それにしても田上人気凄い(笑)。ちょっと今回の田上は爆発しきれなかった感もありましたが、秋山戦を見てまだまだタイトル戦線に絡んできて欲しいと思いました。

プロレスリングNOAH 2nd GREAT VOYAGE 9.18日本武道館大会プロレスリングNOAH 2nd GREAT VOYAGE
2005.9.18 日本武道館大会

GHCヘビー級選手権試合
 力皇猛 vs 三沢光晴
GHC Jrヘビー級選手権試合
 KENTA vs SUWA

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12128216

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。